Others

【一人暮らし・設備編】賃貸物件選びで確認すべきポイントを解説

悩んでいる人

もうすぐ新生活で一人暮らしするにあたって、賃貸契約を考えている。

  • 賃貸設備で気を付けるべきポイントを教えてほしい。
  • 経験した人の意見やアドバイスが聞きたい。

 

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

 

本記事の内容
・一人暮らしで確認しておくべき賃貸物件の設備を解説
・内見は必ずしよう!

 

この記事を書いている私は、就職を機に北海道から神奈川へ単身で乗り込み、一人暮らしをしてきました。

合計で10年くらい体験して、今では妻と二人で暮らしています。

 

以下は私の一人暮らし歴です。

 

筆者の一人暮らしの経歴

2008年:社員寮に入寮(6畳1間)

2011年:寮廃止に伴い、アパートへ引っ越し(2DK,46平米)

2014年:職場異動により引っ越し(1K,26平米)

2017年:職場異動により引っ越し(1K,35平米)

2018年:結婚により引っ越し

 

こんな感じでして、寮生活やアパート生活、数回の引っ越しも経験しています。

 

2021年は引き続きコロナ過の影響で先行きが見通せませんね。

そんな中で進学や就職で一人暮らしをする人は多いと思います。

 

初めてのことで、物件選びで何を確認すればいいかわからないですよね。

 

そんな悩みに対して、私の一人暮らし経験を元にチェックしておくべきポイントを解説します。

 

全て理想の条件となる物件は無いと思うので、一度読み終わったら、自分の中で優先順位をつけてみましょう。

 

譲れないもの、これは最悪無くても良いものを区別しておくと、自分の中で基準ができて探しやすくなると思います。

 

物件選びの周辺環境の確認ポイントは以下の記事を読んでみてください。

【一人暮らし・環境編】賃貸物件選びで絶対に確認しておくべきポイントを解説

続きを見る

 

賃貸設備で確認すべきポイントは?

 

物件設備で確認すべきポイントは大きく分けて下記の4点です。

 

確認しておくべき大項目

  1. 間取り
  2. セキュリティ
  3. 設備(水回り)
  4. 設備(それ以外)

 

ももたろ
以降の節で順番に解説していきます。

 

 

確認ポイント①:間取り

 

始めに間取りに関して解説していきます。

間取りに関しては以下をチェックしてみましょう。

 

間取りの確認項目

  • 導線の確認
  • 収納の大きさ
  • 部屋にフリーな壁面があるか

 

導線の確認

導線は大事にしましょう。

1Kならあまり気にする必要はないですが、2DK、2LDKの契約を考えている場合は自分が納得できる導線かじっくり考えてみてください。

 

例えば、以下の間取りだと洋室6帖から洋室6帖の部屋に行くときに、とても煩わしさを感じます。

 

 

以下のような間取りは回遊できるので、住むにあたってとても便利です。私としてはこっちをおすすめします。

 

 

収納できる容量

収納って基本的に増やせないので、重視しましょう。

 

ただ、収納が多すぎると、物をため込みがちになるので気を付けた方が良いです。

 

一人暮らしの場合は物をWIC(ウォークインクローゼット)に収まるくらいにしておくのがおすすめですよ。

部屋もすっきりしますし、引っ越しの際の荷物が少なくて済みます。

 

部屋にフリーな壁面があるか

テレビを置いたり、ソファーを壁付けする人はけっこう重要な項目になると思います。

窓の位置によって置ける・置けないが出てきますので、置きたい家具が決まっている人は注意してチェックしましょう。

 

 

確認ポイント②:セキュリティ

 

次にセキュリティ面の解説です。

確認しておくべきポイントはこちらです。

 

セキュリティの確認項目

  • 鍵のタイプ
  • 窓にシャッターがあるか
  • モニター付きインターホンがあるか
  • 警備会社と契約しているか

 

モモ
女性の場合は絶対に防犯対策に気を使ってくださいね!

 

鍵のタイプ

鍵の一人暮らしにとって重要なポイントですね。

 

以下のタイプがメジャーだと思います。

 

セキュリティの確認項目

  • 一般的な鍵のタイプ
  • 非接触キータイプ
  • カード実物に溝があって、差し込むタイプ
  • 暗証番号タイプ

 

私のおすすめだと鍵が2個付きのタイプで、鍵穴に対してそれぞれ違う鍵を使うタイプです。

 

逆におすすめしないのはカード実物を差し込むタイプです。

 

夫婦で住んだ最初の賃貸マンションがこれだったのですが、月日が経つにつれて鍵本体の機構が甘くなってカードを差し込んでも鍵が閉まらないし開かないということがありました。

 

ももたろ
SNSで鍵の写真をアップするようなことはやめましょう。番号さえあれば複製できるようです。

 

窓にシャッターがあるか

これも重視すべきポイントです。

 

特に1階に住もうとしている人は絶対にシャッター付きの物件にしましょう。

 

カーテンだけだと、外から中に人がいる・いないがわかりやすいですし、侵入もされやすいです。

 

モニター付きインターホンがあるか

これも最近では必須ですね。

 

ももたろ
抜き足差し足で玄関まで行ってのぞき穴で確認するのはけっこうリスクありますし、緊張感がハンパないです。

 

モニター付きインターホンの物件はちょっと他より高い傾向にありますが、安全を買うといった事で優先すべきかなと思います。

 

警備会社と契約しているか

セキュリティに気を使っている物件では、ALSOKなどの警備会社と契約しているところがあります。

 

ももたろ
私は現在、ALSOKと契約している賃貸に住んでいます。

 

契約時に鍵を一本預けることになります。

侵入されたらALSOKが現場へ向かうのと同時に、契約者に確認の電話が入ります。

 

ももたろ
正しい使い方ではないですが、最悪鍵をなくしたときにALSOKを呼べば家に入れるメリットもあります。

 

 

確認ポイント③:設備(水回り)

 

設備(水回り)で確認しておくべきポイントはこちらです。

 

設備(水回り)の確認項目

  • 風呂・トイレ別か
  • ウォシュレット付きか
  • 風呂に追い炊き機能はあるか
  • キッチンに給湯器があるか
  • 洗濯機が室内に置けるか

 

風呂・トイレ別か

これはもう基本となりましたね。

独立洗面台と合わせてチェックしましょう。

 

ももたろ
風呂トイレ別じゃない物件は、他の設備もしょぼいので基本選ぶべきではありません。

 

ウォシュレット付きか

ウォシュレットが必要な人は絶対に確認してください!

 

後付けには電気工事が必要なので、トイレに電源がない場合は、基本的に後付できないと思った方が良いです。

 

ももたろ
物件を調べているときに感じたのは、ウォシュレット付きの物件はちょっと高めです。

 

風呂に追い炊き機能があるか

お風呂で追い炊きができない物件があるようです。

常に水を入れ替える必要がありますし、ぬるくなっても温められないのは不便です。

 

シャワー派の人は気にしなくても良いですが、お風呂派の人はチェックすべき項目ですね!

 

キッチンに給湯器があるか(お湯が出るか)

風呂で追い炊きが出来ても、キッチンでお湯が出ないといった物件があります。

 

ももたろ
私が最初に入ったアパートがそうでした。

 

給湯器を取り付けるには別途料金がかかって、月額使用料がいくらか発生するといったものでした。

お湯が出ないとけっこう不便です。特に冬場の洗い物は水が冷たくてしんどいので、気になっている物件でキッチンでお湯が出るかチェックしてみてください。

 

洗濯機が室内に置けるか

最近は少ないですが、たまにアパートが多い住宅街を通ると、外に洗濯機を出して使っている物件を見かけます。

衛生上よくないので、洗濯機は室内における物件を選びましょう。

 

 

確認ポイント④:設備(それ以外)

 

設備(水回り以外)で確認しておくべきポイントはこちらです。

 

設備(水回り以外)の確認項目

  • コンセントの位置・個数
  • エアコンの有無
  • ペットOKか
  • 駐車場の有無
  • アンテナケーブルの位置

 

コンセントの位置・個数

私が暮らすにあたって、かなり重要視している部分です。

 

ここに家電を置きたいんだけど、コンセント遠すぎて置けないとか、数が少なくて電源を取るのに苦労する、など結構悩みます。

独身時代に住んだ初めての1Kの物件でコンセントが2か所しかなく、いろいろ試行錯誤する羽目になりました。

 

コンセントが少ない → たこ足配線になりがち → 火事のリスクがある

 

負のスパイラルになるので、コンセント数はしっかり確認しましょう。

 

エアコンの有無

1LDK以上になってくると、全部屋にエアコンのついてない物件が多いと思います。

エアコンを取り付けるのは楽です。

 

ただし、退去する際には『原状回復』という作業が必要になり、契約前の状態に戻す必要があります。

 

したがって、取り付けたエアコンを処分しなければなりません。

 

ももたろ
引っ越しする際にこれが結構めんどくさいので、一台もエアコンがついてない物件は避けた方が良いと思います。

 

また、古いエアコンがついている場合があります。内見時にチェックして、古ければ交換してもらえるか相談してみましょう。

 

ペットOKか

ペットを飼う、または買う予定がある人は要チェックですね。

逆に鳴き声で寝れないかも...という人もチェックすべき項目です。

 

駐車場の有無

車を所有している場合は、物件に空きがあるかチェックしましょう。

バイクの場合は賃貸物件によって異なるようです。

・駐輪場に止めてよいか?
・駐車場を契約する必要があるのか?
・そもそもバイクは止めていいのか?

 

アンテナケーブルの位置

たまに何でここにあるの?っていう物件があります。

テレビを置きたい場所から遠くにある場合はロングケーブルが必要になって、予期せぬ出費になります。

 

 

物件契約前に必ず内見しよう!

 

遠方だと難しいですが、絶対に何らかの形で内見しましょう。

 

最近はオンラインでも内見できるところが増えていますが、私は実際に見学してみることをおすすめします!

 

部屋設備もそうですが、細部や壁の厚さや床のきしみ具合は画像では伝わりません。

 

内見は貴重な機会なので、行く前にはチェックポイントを書き出しておいて、チェック漏れが無いようにしましょう。

 

また、内見時には以下を持参してくださいね!

・メジャー
・筆記用具
・カメラ
・必要ならWimaxルーター

 

Wimaxでインターネット契約を考えている人は『Try Wimax』を試してみましょう。

鉄筋コンクリート(RC造り)だとWimaxは電波弱いですが、木造や軽量鉄骨造りなら問題なく使えます。

契約後に使えないとなると解約に違約金がかかるので、内見と同時に確認しちゃいましょう。

 

ももたろ
Wimaxは解約時にルーターの返却とかなくて非常に便利でしたよ。AmazonのPrime VideoなどのVOD利用でも速度も申し分なしでした。

 

まとめ:自分の納得いく物件を見つけよう!

 

一人暮らしの物件選びで、設備に関してチェックしておくべき項目を実体験を踏まえながら解説しました。

 

基本的には毎日使うもの、譲れないものを重視して物件を選んでいきましょう。

 

そのためにも、自分が譲れない条件を書き出しておくと整理できていいと思いますよ。

 

初めての事なのでわからないことが多いと思いますが、なるべく失敗しないように下調べはしっかりしておきましょう。

 

本記事はこれで以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろという名で
ブログで情報発信しています。

簡単に自己紹介するとこんな感じです。

  • 1986年北海道生まれ。
  • 大学卒業までネット通販とは無縁で過ごす。
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む。
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる。
  • 車も無く買い物行くのはめっちゃ面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動。
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る。
  • 最近はネットサービスにも興味津々。

このブログは、

  • (メイン)実際に買ってみた商品や、試してみたネットサービスのレビュー
  • (サブ)これいいな!と思った商品やネットサービスの紹介

の2点をメインに情報発信していて、ネット通販のデメリットである

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消するお助けになればと思って立ち上げたブログです。

購入を検討していたり、購読してみよっかな?だけど失敗したくないから、色々調べるための情報が欲しい!と思っている人の助けになれば幸いです。

 

最新記事

-Others
-,

© 2021 ももたろの通販ライフ Powered by AFFINGER5