サブスク・ネットサービス

Amazonの『Audible』を使ってみた感想【読書を習慣化できるサービス】

くま
AmazonのAudibleって使ってみた感じは実際どうなのかな?使用感を知りたい!

 

こんな悩みにお答えします。

 

本記事の内容
・Audibleを使ってみた感想
・Audibleを始める方向けのおすすめの本を紹介

 

私はAudibleを無料体験で試してみた結果、読書を習慣化できそうだったので使い続けることにしました。

 

皆さんは読書を日常に取り入れているでしょうか?

本は趣味で読むのはもちろん、ある分野に対して特化した情報収集や学習をしたい場合、つまり自分への投資にもなるツールです。

 

仕事や家事で毎日忙しくて時間が取れずに読書できていない方もいれば、大変だけど通勤中の電車の中やお昼休み中に時間をつくって読書している方も多いと思います。

AnazonのAudibleはそういった現代の忙しい日常生活にマッチしたサービスと言えると思います。

 

本記事はAudibleのレビューと、これから試してみようと思っている方におすすめの本を紹介します。

ももたろ
日常的に読書の時間を取るのが難しくなっている方には一度は体験してみてほしいな、と思います。

 

 

AmazonのAudibleを使ってみた感想

使ってみた感想ですが、トータルで良いサービスだと思います。

私は無料体験期間が終わった今も使い続けています。

 

Good

  • 『ながら聴き』ができる
  • 読書を習慣化できる
  • 持ち物が減る

Bad

  • 聴くコンテンツによって向き不向きがある
  • ちょっと料金が高いと感じる(実質1冊は無料なので、損はない)

 

『ながら聴き』ができる

AmazonのAudibleは本を『聴く』サービスです。

『聴く』読書なので、本を持つ、見るといった姿勢や動作が不要になります。つまり何かの作業をしながら読書できる『ながら聴き』が可能です。

日常的に読書のための時間が取れない、取るのが難しいといった方にはうってつけのサービスだと思います。

ももたろ
私の場合は車の運転時に聞いていますが、意外と頭に入ってきますよ。

 

読書を習慣化できる

普段読書をしない方やこれまで読書していなかった方も、通勤中やトレーニング中に活用する習慣を作れば読書を習慣化できますね。

ももたろ
私は未来への投資と思ってちょっとずつでも積み重ねていけば、将来自分の財産になると思って続けています。

 

持ち物が減る

外で読書するのがメインの方は、外出時の持ち物が減るのは大きなメリットだと思います。

満員電車で本を出す必要がなくなりますね。

また、「何を読んでいるのかな」と、ほかの人の目が気になる方にもおすすめですね。

 

聴くコンテンツによって向き不向きがある

ただ、聴くコンテンツを選ぶかなと思いました。

 

向いていると思ったコンテンツ→実用書、ビジネス書

  • 情報収集のための書籍

実用書やビジネス書は向いていると感じました。

 

私は最初にビジネス書を聴いてみたかったので『営業の魔法』という本を聴いてみました。レビュー評価と件数が高かったこの本を選びました。

 

ナレーションの方と登場人物がイメージとマッチしており、ストーリー形式かつ対話形式で話が進んでいくので聴きやすかったです。

 

向いていないかなと思ったコンテンツ→小説、学術書など

  • イメージを膨らませて読むもの
  • 図解が必要なもの

 

小説などはイメージしながら読みたいものですよね。

音声コンテンツということで止めない限りどんどん進んでいきます。

全部が向いていないか、というとそういう訳ではありません。

ただ、字面で訴えるような小説には向かないかなと思います。

 

また、学術書など本によっては「~をご覧ください」とナレーションが入るものがあります。

『聴く』だけで完結したいのに、何かを参照する必要があるのでちょっと面倒です。

 

ちょっと料金が高いと感じる(実質1冊は無料なので、損はない)

料金は1,500円/月です。

読書する習慣がある方は1冊の値段くらいで、あまり気にならないかもしれませんが、読書習慣が無い方が始めようとすると高いかなと感じました。

 

ただ、何かを始めるときには多少なりともお金が動くのはつきもの。

いきなり有料ではなく無料体験があるので、気になっているなら一度試してみた方がいいかなと思います。

 

毎月『コイン』を1枚もらえて、お好みの1冊と引き換えることができます。

なので、月額料金で1冊購入しているようなイメージですね。

さらに毎月ボーナスタイトルで1冊無料で入手できます(本は選べないです)。

最低限2冊は『聴く』読書ができます。

 

ももたろ
結果、私は読書を習慣化できてよかったと思っています。

 

Audibleのサービス概要

Audibleのサービスに関して解説します。

 

Audibleのサービス概要

  • 会費は月1,500円
  • コンテンツは40万冊以上
  • 月に1冊と交換できる『コイン』がもらえる
  • 365日以内であれば、購入した本が気に入らなければ返品可能
  • 『今月のボーナスタイトル』を1冊無料でもらえる
  • 追加の本を購入する場合は30%オフで購入できる
  • ラジオコンテンツ『Audible Podcast』が無料で利用できる
  • 購入したものは退会後も聴ける
  • 初月無料体験あり

 

基本的に無料分1冊とボーナスタイトル1冊(自分の読みたいものとは限らない)で、月1,500円で計2冊読めます。

コインで購入した本は気にいらなければ返品することもできます(頻繁に交換するのはNG)。

ボーナスタイトルは月末までにダウンロードしておけば以後ずっと聴けます。

ももたろ
ちなみに2020年11月のボーナスタイトルは『下町ロケット』です。11時間越えなので聴きごたえがあります。

 

書店で人気の本や、有名な本を中心に40万冊のラインナップがあります。

 

Audibleには1か月の無料体験があります。

ももたろ
Audibleが自分に向いているかわからない、試してみたいけど有料はちょっと...という方には無料体験は嬉しい特典ですね。

 

»【30日間無料】Audibleで本を『聴く』という体験をしてみる 

 

 

Audibleを始める方向けのおすすめの本を紹介

Audibleを始める方向けに、おすすめの本を紹介します。

 

1.『営業の魔法』

 

2.パン屋ではおにぎりを売れ 想像以上の答えが見つかる思考法

 

3.嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

まとめ:Audibleで『聴く』読書を体験してみよう!

Amazonの有料サービス『Audible』を使ってみた感想をご紹介しました。

 

忙しくて読書の時間を取れない方、読書を習慣化したい方におすすめのサービスです。

無料体験期間があるので是非試していただきたいサービスです。

 

»【30日間無料】Audibleで本を『聴く』体験をしてみる 

 

今回はこれで以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

タグ一覧

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろと申します。
簡単に自己紹介させていただくと、

  • 1986年北海道札幌市生まれ
  • 大学卒業まで通販とは無縁の生活
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる
  • 車も無く買い物行くのは面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る

こんな感じです。

このブログは、
ネット通販やネットサービスを通して

QOL(Quality of Life)を高める!

というのをテーマに情報発信しています。

ただ、ネット利用する上で同時発生するデメリット

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消したい!
これも合わせて情報発信しています。

なので、実際に買ったものや
使ったもののレビュー記事が多めです。

買おうか、はたまた試してみようか、
その前の判断材料になれるよう
情報を更新していきます!

簡易的なプロフィールですが
読んでいただき、ありがとうございました。

 

-サブスク・ネットサービス
-,