ガジェット

どれを選べばいい?15.6インチのモバイルディスプレイのおすすめ4選

本記事の内容

  • テレワークやゲーム、動画環境におすすめな15.6インチのモバイルディスプレイを紹介

 

本記事はこういった人におすすめ

  • モバイルディスプレイの購入を考えている
  • 15.6インチのおすすめ品を知りたい

 

 

ももたろ
こんにちは。ももたろです。
@Momotaro_1986

 

モバイルディスプレイって便利ですよね。

 

  • 仕事でPC作業のセカンドディスプレイ用に
  • ひとりでゲームを楽しむときに
  • iPad、iPhoneのミラーリングに
  • レコーダーをつなげばテレビ代わりに
  • Fire TV Stickを挿せばエンタメ再生機器に

 

などなど。いろんな用途で使えます。

 

まだ使ったことない人には

ぜひ使ってみてほしいと思います。

 

僕は仕事とゲームがメインで

モバイルディスプレイを使ってます。

 

中でもゲームで使うのに重宝してます。

 

僕は13.3インチのモバイルディスプレイ

EVICIVのEVC-1301を使ってますが、

なんとディスプレイがNintendo Switchの

ドック代わりになるんです!

 

ももたろ
便利すぎてビビりました!友人宅や旅行先でプレイする際に、わざわざドックを持ちだす必要がないんです。

 

ちなみに以下のセットを持ち出せばOKです。

 

 

  • Nintendo Switch本体
  • Nintendo Switch純正の電源アダプタ
  • モバイルディスプレイ
  • USB-C to Cケーブル(ディスプレイ付属)

 

シンプルですよね。

ひとりプレイに最適な環境です。

ちなみにPS4でも使ってます。

画質良いと思いますよ。

 

そんなモバイルディスプレイですが、

本記事では1番種類が多い

15.6インチのおすすめ品をご紹介します。

 

以降、本記事は以下について解説します。

  • 15.6インチ品について
  • おすすめの15.6インチ品の紹介
  • どこで買うのがおすすめか?

 

  • 仕事用に持ち運べるディスプレイが欲しい!
  • ひとり用ゲーム環境を作りたい!
  • 場所を取らないディスプレイが欲しい!

 

こういった人には役に立つ記事だと思うので

是非読み進めてみてください。

 

15.6インチのモバイルディスプレイについて

 

Amazonで確認しましたが、

モバイルディスプレイは

15.6インチの製品が大半を占めているので

このが各メーカーの主力製品となっています。

 

たくさん製品がある理由としては

以下の仕様によって

製品が細かく分かれているからです。

  • 画面解像度
  • タッチパネル対応
  • VESA規格対応
  • 本体のスタンド機構の有無
  • サポートする映像入力インターフェース

 

ももたろ
僕は携帯性を重視して13.3インチを選びましたが、作業性を重視するとやはり大きい画面のほうが良いと思います。

15.6インチは携帯性と視認性で一番バランスが取れていると思いますよ。

 

ちなみに超ざっくりなサイズ感は

こんな感じです。ご参考までに。

  • 13.3インチ:A4紙くらい
  • 15.6インチ:B4紙くらい
  • 17.3インチ:A3紙くらい

 

[/st-kaiwa3]余談ですが、自宅使用メインならもう一段階大きい17.3インチでもいいかなと思ってます。[/st-kaiwa3]

 

15.6インチのモバイルディスプレイのおすすめ4選

 

たくさんある15.6インチのモバイルディスプレイの製品のうち、以下を4つをおすすめとして紹介します。

 

以下の観点からおすすめ品を選んでいます。

おすすめ品を選んだ観点

  • 一般的に使用する映像入力インターフェース(USB TypeCポート、HDMIポート)をサポートしていること
  • インターフェースが集まる部分をディスプレイスタンドとしている製品は、開閉による故障が懸念されるため選択しない
  • タッチパネルが搭載されているモデルを選択

 

Z1 EVC-1506 EVC-1504 yc-156-4kr
寸法(幅 × 高さ × 厚さ)[mm] 368 × 225 × 9 357 × 225 × 10 357 × 230 × 11 354 ×  222 ×
重量[g] 770 868 965
解像度 FullHD FullHD 4K 4K
VESA規格 非対応 対応 対応 非対応
充電用USB-Cポート
映像用ポート USB-C
miniDP × ×
HDMI × ×
miniHDMI × ×
参考価格(変動の可能性あり) 20,000円 20,000円 35,000円 50,000円

 

製品の特徴として

以下が共通してサポートされています。

共通の特徴

  • 画角が16:9
  • 画面がIPSパネル採用(視野角178°)
  • HDRに対応
  • 応答速度は5ms
  • リフレッシュレートは60Hz
  • スピーカー内蔵
  • ヘッドホン端子あり
  • 保護ケースが付属している
  • USB TypeC to TypeCケーブルと製品に対応したHDMIケーブルが付属している
  • 3年の保証期間
  • USB Type-Cオルタネートモードに対応しており、USB TypeCケーブル1本で電源供給と映像、音声が伝送できる

 

Lepow Z1

まずはLepowのモバイルディスプレイ『Z1』から紹介します。

 

  • 画面解像度:FullHD
  • タッチパネル:非対応
  • VESA規格:非対応
  • 映像入力インターフェース:USB TypeC、 miniHDMI

Good

  • USB TypeC接続をメインで使用するなら非常にコスパがいい製品
  • カラーが2色展開(シルバー、ブラック)
  • 軽い

Bad

  • Fire TV StickやスティックPCなど標準HDMIで接続する機器がそのまま使えない
  • VESA規格に対応していないので、壁掛けやモニタアームに取り付けができない

 

miniHDMIが使いにくいですが、

USB-Cメインの使い方なら

この製品でいいと思います。


もしHDMI周りが不安なら

変換ケーブルを持っておくと安心です。

EVICIV EVC-1506

次にEVICIVの『EVC-1506』を紹介します。

 

  • 画面解像度:FullHD
  • タッチパネル:非対応
  • VESA規格:対応
  • 映像入力インターフェース:USB TypeC、標準HDMI、miniDP

Good

  • 汎用性の高い映像入力インターフェースをサポートしている
  • 拡張性に優れており、コスパも同製品と比べていい傾向
  • VESA規格に対応している

Bad

  • 4Kコンテンツには対応できない。

 

USB-Cの他に標準HDMIを使いたい場合は

こちらをおすすめします。

一般的な機器の接続を考えると、

先ほど紹介したLepow Z1よりも

汎用性は高いです。

 

あと、個人的には15.6インチだと

4Kの恩恵は少ないかなーと思ってます。

大画面なら4Kを選んだほうが良いですけどね。

 

なので、15.6インチならFullHD解像度のEVC-1506がベストバイだと思います。

 

ももたろ
ちなみに、EVC-1506は僕の友人が持っていて、何の問題もなく使えてるんで品質は問題ないと思いますよ。

僕の持ってるEVC-1301と同じことができます。

 

 

 

僕の持ってる『EVC-1301』はEVICIV EVC-1301レビュー【Switchをドック無しで画面出力できておすすめ!】にレビュー記事としてまとめているので、気になる人は読んでみてください。EVC-1506の参考になると思います。

 

EVICIV EVC-1504

『EVC-1506』の4K版、『EVC-1504』を紹介します。

 

  • 画面解像度:4K
  • タッチパネル:非対応
  • VESA規格:対応
  • 映像入力インターフェース:USB TypeC、標準HDMI、miniDP

Good

  • 汎用性の高い映像入力インターフェースをサポートしている
  • 拡張性に優れており、コスパも同製品と比べていい傾向
  • VESA規格に対応している

Bad

  • タッチパネルには対応していない
  • FullHDの背品と比べると価格が高い

 

先ほど紹介した、『EVC-1506』の4K版です。

 

PS4 proとかPS5接続するなら

このモデルをおすすめします。

 

他にも15.6インチで4Kモデル、

例えばcocoparっていうメーカーの

『zg-1564k-zxb』等がありますが、

性能はほぼ同じだけど

『EVC-1504』のほうが安いです。

 

それに6,000円引きクーポンが

配布されてたりするので、その時は

29,000円程度で購入できます。

 

 

cocoper yc-156-4kr

最後に4Kでタッチパネル対応モデル

cocoparの『yc-156-4kr』を紹介します。

 

  • 画面解像度:4K
  • タッチパネル非対応
  • VESA規格:非対応
  • 映像入力インターフェース:USB TypeC、miniHDMI

Good

  • タッチ操作が可能
  • 4Kに対応している

Bad

  • Fire TV StickやスティックPCなど標準HDMIで接続する機器がそのまま使えない
  • VESA規格に対応していないので、壁掛けやモニタアームに取り付けができない
  • タッチパネル非対応モデルと比べると高い

 

miniHDMIインターフェースが

ちょっと使いにくいですが、

USB TypeCメインの使い方なら問題ないと思います。

 

インターフェースがスタンド部に集まっているから選びたくはなかったですが、4Kタッチパネル対応の製品が欲しいなら、これしかありません。

 

 

Amazonで購入しましょう!

 

モバイルディスプレイは

Amazonで購入しましょう!

 

他の通販大手の楽天やYahooだと

Amazonよりも高い傾向にあります。

 

本ブログのモバイルディスプレイ関連記事

 

本ブログにある他のモバイルディスプレイ関連記事を紹介します。よかったら読んでみてください。

 

EVICIVの13.3インチの『EVC-1301』のレビュー記事です。持ち運びを重視したのでこのサイズにしました。レビューとしてまとめています。

EVICIV EVC-1301レビュー【Switchをドック無しで画面出力できるよ】

続きを見る

 

cocoparの17.3インチモバイルディスプレイ『zg-173-bk』のレビュー記事です。主に家の中使いメインです。画面が大きくていいですよ。

cocopar『zg-173-bk』レビュー【17.3インチモバイルディスプレイは超快適!】

続きを見る

 

以下の記事でEVICIVのモバイルディスプレイを紹介しています。

EVICIVのおすすめのモバイルディスプレイを紹介【EVC-1301, 1506が買い!】

続きを見る

 

以下の記事では15.6インチのモバイルディスプレイのおすすめを紹介しています。

どれを選べばいい?15.6インチのモバイルディスプレイのおすすめ4選

続きを見る

 

以下の記事では製品数がありすぎるcocoparのモバイルディスプレイからおすすめを紹介しています。

どれを選べばいい?cocoparのおすすめモバイルディスプレイ4選

続きを見る

 

cocoparの買い!なモバイルディスプレイ『jsj-173-4kc』についてまとめてます。

cocopar『jsj-173-4kc』【4Kモバイルディスプレイならコレがおすすめ!】

続きを見る

 

Boyataというノートパソコンスタンドを使って、モバイルディスプレイをVESAを使って固定しています。モバイルディスプレイは視線より下に配置しがちなので、姿勢が悪くならないように使ってます。

BoYataのノートパソコンスタンド『N21』をレビュー

続きを見る

 

まとめ

 

15.6インチのモバイルディスプレイの

おすすめ品について紹介しました。

 

最後に本記事で紹介したおすすめのモバイルディスプレイを紹介しておきます。

 

おすすめ品

  • Lepow Z1(FullHD、VESA規格非対応、タッチパネル非対応)
  • EVICIV EVC-1506(FullHD、VESA規格対応、タッチパネル非対応)←おすすめ!
  • EVICIV EVC-1504(4K、VESA規格対応、タッチパネル非対応)←おすすめ!
  • cocoper yc-156-4kr(4K、VESA規格非対応、タッチパネル対応)

 

モバイルディスプレイって

機能性、付属品ともに充実してて、

据え置き型よりも使えると思います。

 

モバイルディスプレイの購入を

買ってミスった!、損した!ってことには

ならないと思いますよ。

 

 

 

 

本記事はこれで以上となります。
また別の記事でお会いしましょう!

 

にほんブログ村ランキング参加中!
ボタン押すだけなので宜しくお願いします!

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

タグ一覧

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろと申します。
簡単に自己紹介させていただくと、

  • 1986年北海道札幌市生まれ
  • 大学卒業まで通販とは無縁の生活
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる
  • 車も無く買い物行くのは面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る

こんな感じです。

このブログは、
ネット通販やネットサービスを通して

QOL(Quality of Life)を高める!

というのをテーマに情報発信しています。

ただ、ネット利用する上で同時発生するデメリット

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消したい!
これも合わせて情報発信しています。

なので、実際に買ったものや
使ったもののレビュー記事が多めです。

買おうか、はたまた試してみようか、
その前の判断材料になれるよう
情報を更新していきます!

簡易的なプロフィールですが
読んでいただき、ありがとうございました。

 

-ガジェット
-