家具・家電・設備

結婚式で写真を撮るならこのカメラが最適解!【SONY RX100シリーズ】

ももたろ
こんにちは。ももたろです。

 

せっかく結婚式で写真を撮ったのに

 

暗くてよくわかんない!

ブレブレで台無し!

あんまり臨場感が残らない!

ノイズで表情がつぶれてガッカリ!

 

こんな経験ありませんか?

 

思い出のシーンは

鮮明に残しておきたいですよね?

 

最近写真を撮るといえばスマホカメラが主流です。

 

でも、ココ!って時にちゃんと撮れないと

結局撮っても削除しちゃって、

思い出のシーンを振り返る写真が

一枚も無いってことも十分あり得ます。

 

そんな後悔をしないように

本記事ではSONYのコンパクトデジタルカメラ

RX100シリーズをご紹介します。

 

簡単操作で結婚式や室内の暗めのシーンを

きれいに撮れる超おすすめのカメラです。

 

私は普段から愛用してます。

暗いシーンで撮れる写真と手軽さにおいて

右に出るカメラほないんじゃないか?って

思ってます。もちろん日中も文句なしですよ。

 

本記事は以下についてお話しします。

興味がありましたら是非読んでみてください。

 

  1. 筆者の体験談
  2. なぜ、結婚式だとスマホじゃなくてカメラが良いのか?
  3. どうしてカメラの中でRX100シリーズを推すのか?
  4. RX100シリーズでおすすめの機種の紹介

 

 

SONY RX100シリーズを購入したきっかけ

 

私は友人の結婚式をきっかけに

RX100シリーズを購入しました。

 

社会人になると、必然的に会社同期や友人の

結婚式に参加する機会が増えますよね。

 

私の場合だと20回近く呼ばれたと思います。

ご祝儀貧乏になりそうなこともあったなぁ、と

今思い返してみると懐かしい。

交友関係が広ければもうちょっと多いかもしれませんね。

 

結婚式っていっぱい写真撮りますよね?

 

  • 飾ってあるものを撮ったり
  • 式の最中
  • 新郎新婦の登場シーン
  • 披露宴で出てきた料理
  • ケーキカット
  • 仲間で集まっての集合写真

 

などなど...

 

写真を撮っておけば、

 

  • あとで参加者と振り返る
  • 写真をシェア
  • みんなで撮った写真をまとめて新郎新婦にプレゼントする

 

こんな風にいろんな使い方ができます。

 

最近だと写真はスマホで撮るのが主流です。

カメラを別に持って行かなくていいし、

写真データを転送する手間もない。

便利ですよね。素晴らしい技術です。

 

だけど、スマホだと

ここぞ!という時に撮った写真って

明るさが微妙だったり、

ブレてることってありませんか?

 

すごくガッカリしますよね?

 

あの時すごく楽しかった!

その瞬間のシーンを切り抜いた写真だけど、

 

  • ブレブレで表情がよくわからない
  • 暗くてなんだかよくわからない

 

こんな写真だと

見返すたびになんかちょっとガッカリ。

楽しい思い出を振り合えってるはずなのに...

 

それが、結婚式となると

人生で一度きりの大イベント。

 

そこで撮った写真がブレブレだったり、

暗くてなんだかよくわからない。

 

こんなことがあってはイカンのです!

 

見返したときにその時のことを思い出す写真を残したいし、残してあげたいですよね?

 

そんな訳で私は

カメラを買いました。

 

なので、私は旅行の思い出とか

結婚式などのイベントでは

スマホじゃなくてカメラを使うようにしています。

 

なぜなら、

思い出をきれいに残したいから。

 

カメラを使ってからは、

 

「おまえの持ってるカメラって暗いとこきれいに撮れたよね?だから結婚式の間、写真撮っておいてくれない?」

 

こんな風に頼まれることが多くなりました。

 

お願いする側からしても、

やはりスマホよりもカメラのほうが

安心感があるみたいですね。

 

なんでSONYのRX100シリーズがおすすめなの?

 

すみません。私の体験談が長くなりました。

 

なんでSONYのRX100シリーズを選んだのか

この辺をお話ししていきますね。

 

暗いところに強い

何と言ってもコレです。

 

暗いシーンの写真が

バッチリきれいに撮れます。

 

ぶっちゃけた話、昼間の外だけなら

スマホでも事足りるんです。

 

でも、

 

  • 結婚式、特に披露宴会場
  • 旅行先での夜景
  • デートでイルミネーションをバックに

 

こういった暗いシーンの時には

スマホだとうまく対応できないことが

多くないですか?

 

周りが暗いと、スマホに限らずカメラは

光をたくさん取り込まなければいけないので

シャッター時間(カメラをジッと固定する時間)が

長くなります。

 

人間って1秒静止するのって

実際難しいんですよね。

心臓の鼓動や脈でも人間ってブレます。

 

あと、こっちがブレなくても、

被写体がぶれたらアウトです。

 

だから、ブレブレだったり

ノイズでぼそぼそしてる。

こんな写真が撮れるんですね。

 

RX100シリーズだと、ちょっと特殊な撮り方をしてるので

故意に動かさない限り、綺麗に撮れます。

 

特殊といっても普通にシャッターを切るだけで

あとはカメラが勝手にやってくれます。

 

10回以上結婚式で使ってますが、

ガッカリ写真は撮ったことがありません。

 

持ち運びしやすい

RX100シリーズは

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)なので

小さいカバンにも入ります。

 

結婚式に参加するときは

小さいカバンを持ってくことが多いから

まさにドンピシャですよね。

 

他の用途としては旅行がいい例ですね。

 

旅行中にぶらぶら歩く用バックに入れてもかさばらないし、一眼より軽いので

「重いから撮るのがめんどくさい。」

こんな本末転倒になりにくいですよ。

 

被写体となる人が構えにくい

結婚式に参列してた友人女性に

聞いたことあるんですが、大きい一眼カメラって

 

  • バズーカ向けられてる気がするし、
  • ズームしてなんか変な写真撮ってない?
  • なんかちょっと不安になるよ

 

こんな風に思う人がいるみたいです。

しかも一人じゃないですよ。複数人の意見です。

 

結婚式だと、大きいカメラ持ってる人って

ちょっと気になるみたいです。

 

特に新郎側の参列者で

大きいカメラを持ってるグループ。

「怪しいな...」と、こんな印象があるようです。

 

写真撮って!とお願いする時に説明しやすい

あと、撮影を誰かに頼むとき

撮る側にとっては簡単操作が望ましいですよね。

 

「撮ってください。」と言われて

一眼だとちょっとビビりませんか?

 

「レンズは動かさないようにしてね。」とか

説明するのはめんどくさい。

撮ってあげるほうもめんどくさい。

 

コンデジだとシャッター切るだけなんで

直感的に誰でも使えますよね。

 

ソニーの一眼カメラにも暗いシーンに強い機能は搭載されているけど...

実はソニーの一眼カメラにも

RX100シリーズと同じく、暗いシーンに強い機能が

搭載されています。

 

なので、一眼を選んでも良かったんですが、

この節で話したことやいろんなことをひっくるめて

コンデジタイプのRX100シリーズを選びました。

 

SONY RX100シリーズのラインナップ

 

RX100のラインナップを主な特徴を上の表にまとめました。

 

初代RX100は2012年発売ですが、

いまだに家電量販店で並んでます。

息の長いカメラですね。

 

そこからいろんな機能が追加されたりして

現在に至ります。

 

つまり、RX100は自分の用途に合わせて選ぶ

カメラなんですね。

 

RX100Mxの『x』の数字が大きいほど新しく、

価格も高くなります。

 

その中でもおすすめはコレ!

結局どれ選べばいいの?ってことになると思うので

おすすめを紹介しますね。

 

なるべく安いのが欲しい!

室内とか暗いところをカバーできればOK!

→RX100M2がおすすめ!

 

明るいところにも強くて、セルフィー機能※も欲しい!

→RX100M4がおすすめ!

 

望遠機能が優れてるヤツが欲しい!

動きの速いものを撮りたい!

→RX100M6がおすすめ!

 

Amazonだと、どのモデルも定価よりだいぶ安く買えます。

 

※セルフィー機能:カメラのディスプレイを被写体側に向けると自動的にセルフィーモードになる機能です。なにげに便利機能ですよ。

 

筆者の持っているRX100シリーズ

私は最初、RX100M2を持ってました。

でも、外が晴天で明るい場合に、空が白飛びしちゃうことが多々あったんですよね。

 

シャッタースピード上限が1/2000だったのが原因です。

 

暗いシーンならRX100M2のままでも良かったんですが、明るいシーンも撮りたい!となるとちょっと力不足でした。

 

なので、今はシャッタースピード上限が

1/32000のRX100M5に買い換えて使ってます。

 

ただ、動きが激しいものを撮ることが少ないので、RX100M4でもよかったなと思ってます。

 

暗所モードはどうやるの?

全機種で同じです。

設定はたったの2ステップ。簡単ですよ。

 

step
1
カメラのダイヤルを『SCN』に合わせる

 

step
2
シーンセレクションを『手持ち夜景』に合わせる

 

複雑な設定とか要らないです。

急ぎの時でもすぐに設定できますね。

 

このモードで撮影すると4回シャッターが切られて(4回カシャッって鳴る)、カメラの中で勝手にいい感じに明るさを調整してくれます。

 

本当に設定が面倒なら

ずっとこの設定でもいいと思いますよ。

 

使い分けたいなら、オートモードを使えば

十分きれいな写真が撮れます。

 

参考画像

参考までに暗いシーンの写真を載せておきます。

 

iPhone11とRX100M5の比較

真っ暗な部屋で懐中電灯を被写体に当てた写真です。

左がiPhone11、右がRX100M5で撮った写真です。

スマホでも明るく取れてますが、RX100M5のほうが臨場感が出てますよね。

実際の雰囲気はRX100M5に近いです。

 

 

夜景

ハワイのホテル『シェラトン・ワイキキ』から撮った夜景です。

スマホだと1~2秒ぶれない様に固定しなきゃいけない明るさですが、この写真は1/8秒のシャッタースピードで撮れています。

 

 

ちなみに等倍表示した画像はこちらです。

 

 

手持ちなのでちょっとぶれてますね。

1/8秒でこれなので、スマホの1~2秒だとどうなるか...わかりますよね?

 

まとめ

 

本記事で紹介した

SONY RX100シリーズについてまとめます。

 

まとめ

  • 結婚式に限らず、夜景やイルミネーション、室内など暗いシーンでもバッチリ撮影できる何でも来いなカメラ
  • コンパクトで持ち運びラクラク
  • 簡単操作で迷わない
  • お願いするときも説明しやすい

 

最後にもう一度おすすめ機種を

再掲しておきます。

 

なるべく安いのが欲しい!

→RX100M2がおすすめ!

 

明るいところにも強くて、セルフィー機能も欲しい!

→RX100M4がおすすめ!

 

望遠機能が優れてるヤツが欲しい!

→RX100M6がおすすめ!

 

 

あとで見返した時に「あれはいい思い出だったなぁ...」と思えるように、

 

思い出は臨場感を残しつつ、

キレイに鮮明に残しましょ!

 

本記事はこれで以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

タグ一覧

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろと申します。
簡単に自己紹介させていただくと、

  • 1986年北海道札幌市生まれ
  • 大学卒業まで通販とは無縁の生活
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる
  • 車も無く買い物行くのは面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る

こんな感じです。

このブログは、
ネット通販やネットサービスを通して

QOL(Quality of Life)を高める!

というのをテーマに情報発信しています。

ただ、ネット利用する上で同時発生するデメリット

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消したい!
これも合わせて情報発信しています。

なので、実際に買ったものや
使ったもののレビュー記事が多めです。

買おうか、はたまた試してみようか、
その前の判断材料になれるよう
情報を更新していきます!

簡易的なプロフィールですが
読んでいただき、ありがとうございました。

 

-家具・家電・設備
-