食品・飲料品

【1杯25円で簡単手軽にアイスコーヒー】ネスカフェ コーヒーポーション



 
ももたろ
こんにちは。ももたろです。 (@Momotaro_1986

この記事は、「今すぐアイスコーヒーが飲みたい!」って時に大活躍する『ネスカフェ コーヒーポーション ゴールドブレンド コク深め』のレビュー記事です。缶コーヒー買うよりも断然コスパが良いので、常備品としておすすめです!

こんな人におすすめ!

  • 手軽にアイスコーヒーを飲みたい
  • アイスコーヒーを作るのが面倒
  • コーヒー1杯あたりのコスパを減らしたい

昨今のコロナ禍によって
自宅でテレワークすることが
多くなりました。

在宅勤務だと出勤してる時よりも
仕事中に飲み物を飲んでいることに気づき、
中でも1日のコーヒーの消費量が
かなり多くなっていました。

ホットコーヒーよりも
アイスコーヒーをよく飲む僕としては、
自販機で缶コーヒーを買うと
コスパ悪いと常々感じていました。

でも、アイスコーヒーって家で作るには

  • 抽出したり、
  • 大量の氷が必要だったり、
  • 冷蔵庫で冷やしたりと、

なかなか大変で飲みたいときに
すぐ飲めないですよね。

そんな悩みを解決してくれるのが、
この記事で紹介してる

『ネスカフェ コーヒーポーション ゴールドブレンド』

です!

思ってたよりも美味しくて、
コスパもよく買ってよかったです。

ポーション型で場所も取らないし、
冷蔵庫不要。コスパも1個当たり
25円程度でとても良いです。

我が家ではまとめ買いして常備してます。

便利なコーヒーポーションについて
レビューしていきますね。

ネスカフェ コーヒーポーション ゴールドブレンド コク深めについて

僕がいつも買ってるのが、『ネスカフェ コーヒーポーション ゴールドブレンド コク深め』なので、これをベースにレビューしていきます。後述しますが、ラインナップは他にもあります。

アイスコーヒーの作り方

コーヒー1杯に対して、
ポーションを1つ使います。

ポーションを開ける前にはよく振ります。

ふたを開けるときはポーションのふちを持って開けることをおすすめします。

私は勢い余って1回こぼしました 笑

ポーション1個分に対して、冷水または牛乳(150ml~180ml)を注ぎます。

お好みで氷を入れたり
冷水や牛乳の量を調節します。

私の感覚ですが、
180mlだとちょっと薄いかなと思います。

いつも冷水100ml、
牛乳50mlくらいで作っています(下の画像)。

原材料

  • コーヒー
  • 安定剤(キサンタンガム)
  • 香料

安定剤(キサンタンガム)について

キサンタンガムって何?
ってなったので調べてみました。

とろみがある食品に使われてるみたいです。

乳液や化粧水の化粧品にも
使われていているようです。

過剰に摂取しなければ
人体への影響は無いとのことでした。

ラインナップ

このコーヒーポーション、
ラインナップが豊富です。

例として、Amazonで販売されているラインナップを紹介します。

  • 無糖
  • 甘さ控えめ
  • 贅沢カフェモカ
  • 贅沢キャラメルマキアート
  • アールグレイ

買うならAmazonがおすすめ!

買うならネットがおすすめです。

実店舗だとまとめ買いどころか
置いてない店も多いので。

僕はAmazonから購入してます。
まさに下のリンクの1袋20個入り × 5袋です。

1袋20個入りで大体500円前後なので、1ポーション25円くらいです。缶コーヒーを買うと思うと全然安くてコスパ良いです。

まとめ

『ネスカフェ コーヒーポーション ゴールドブレンド コク深め』をご紹介しました。

これを使ってからアイスコーヒーを手軽に作れて、コスパもよく重宝しています。

今回は無糖をご紹介しましたが、加糖タイプもあるので、無糖が苦手な方はそちらを試してみるといいと思います。

ブログのメインカテゴリ