家具・家電・設備

睡眠から学ぶ、成功するための睡眠時間とパフォーマンスの高め方

 

ももたろ
こんにちは。ももたろです。
@Momotaro_1986

この記事は、『睡眠って日々を充実させるためにめちゃめちゃ大事』っていうのを、なんとなくわかってはいたけど、あたらめて勉強してみるとやっぱり重要なんだなって気付かされたことについてまとめてます。

最近寝つきが良くないなーとか
朝早くに起きちゃう、
もうちょっと寝ていたいのに...

って感じで睡眠に対する
ストレスが溜まってたので、

  • よく眠るためには?とか
  • 効率のいい睡眠ってなんなの?とか
  • 質を上げるにはどうすればいいの?とか

っていうのを調べてました。
この記事ではそれをまとめて書いてきます。

睡眠は日々の生活において
もろパフォーマンスに直結するんで、
やっぱり大事ですね。

僕は睡眠を甘くみていた

後悔してます

まずですけど、
睡眠について深く考えている人って
あまり多くないのではないかと思います。

僕自身、
まあ、睡眠なんて疲れ取れればいいっしょ。
くらいに考えていました。

ただ、人間の1日の行動のうち、
多くの割合を占めるのは睡眠です。

当たり前ですが、
睡眠に時間を割きすぎてしまうと
貴重な活動時間は失われていきます。

単純に作業量で圧倒的に差が開くんで
睡眠時間が短い方が有利です。

僕は大学生の頃なんて、
講義がない日は10時間とか12時間とか
当たり前に寝ていました。

寝るのが幸せだ~みたいに思ってましたが、
これは現代社会においては叶わないし、
今思えばすごくもったいない時間の使い方だったなと。

睡眠の知識さえちゃんと持っていれば
睡眠時間を短くしても
十分な回復効果が得られるんですよね。

しかも睡眠のとり方によって
頭の回転、集中力、疲労のしやすさとか
全部変わってくるんで、

睡眠を舐めてちゃ、絶対アカンだろっていうね。

睡眠っていうのは
それだけ本気で向き合う価値があります。

最適な睡眠時間の決め方

あくまで僕の感覚も含まれますが、
睡眠時間の最低ラインとして
1日4時間半の睡眠があれば、
大人の場合は問題なく活動していけます。

特に20代~の若いうちは4時間半あれば
やってける人がほとんどだと思います。
(僕はアホみたいに寝てましたが)

で、その次のラインとして1日6時間睡眠。

これくらいだったら、
なんかいけそうかもと思いますよね。

なぜ6時間かというと、
これは睡眠サイクルに関係しています。

人間は1時間半ごとに
浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)がやってくるので
4時間半の次が6時間です。

自分の睡眠時間を決めるときは
基本この90分サイクルで考えていきましょう。

6時間が短いなら、7時間半、9時間・・
そういった感じです。

これは仮眠をとる時にも同じことが言えますが、
眠りが深い時に無理やり体を起こすと
頭がぼーっとしてパフォーマンス落ちます。

睡眠は量より質。質を高める3要素

睡眠の質を高めていく方法ですが、
3つの要素に分けて説明します。

基本的に睡眠に影響してくるのは
「光・音・重力」この3つです。

これは言わずもがなですね。

現代だとスマホのブルーライトとか
かなり悪影響になりますし、

環境によっては光を
遮断しきれない場合もあると思います。

対策としては
1級遮光カーテンなど、遮光がしっかりしてる物を使う

あと今はTOSOのカーテンレールのように
上からの光もれを防ぐアイテムもあるので
活用するのもいいと思います。

そして寝る時のアイマスク着用。
これやってみるとかなり変わりますよ。

どれだけ遮光しても
寝る時って自分が思ったより
光が入ってきています。

それを完全に遮断してくれるので
余計なストレスなくなります。

音も睡眠への影響はでかい。

睡眠時の騒音は嫌でも脳に入ってくるので
これも対策が必要です。

シンプルに耳栓。

耳栓の効果は個人的にですけど、
アイマスクより効果あります。

僕の場合、なかなか寝付けない時があるのですが
耳栓を付けると不思議と眠りに入れます。

音を遮断することで、
完全に無の空間に行くみたいな感覚ですかね。笑

確実に睡眠効果もあがります。

重力

3つ目、重力。
重力は人間にとって大きな負荷になってます。

睡眠時はできるだけ
この重力の負荷を減らした方がいい。

というわけで自分にあった
寝具を揃えるっていうのが対策ですね。

特に気を使うのは体の下に敷くマットレス。

高反発マットレスは体をしっかり支えるので
重力負荷を減らすのに最適です。

対して低反発マットレスは
沈む方向なので支えるというかは
包まれる感じ。気持ちいいんだけど
長時間寝るって考えるとむいてません。

ちなみに僕が使ってる寝具は
モットンっていう高反発マットレスです。

布団は季節によって変わりますが、
マットレスはこれ一択です。

ベッドフレームが家になくても直でフローリングに敷いたりできるマットレスです。

この記事にレビューとしてまとめているので
よかったら読んでみてください。

夫婦で使ってます

睡眠に対する投資意識

最後にまとめると
睡眠にもガンガン投資していきましょうぜ
っていうのが大事なことですね。

高い寝具を買うっていうのももちろんそれです。

高い寝具を買うことで
日々のパフォーマンスが上がるのであれば、
それは最高の投資です。

1日の時間は24時間と限られている以上、
その時間内での効率を高めていくこと、
そのための投資っていうのが
超大事になってくると思います。

毎日使う物なので生活の質を高めるために
ちょっと奮発しても全然いい物ですよ。寝具って。

本記事はこれで以上となります。

 

にほんブログ村ランキング参加してます
ボタン押すだけなので宜しくお願いします!

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

タグ一覧

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろと申します。
簡単に自己紹介させていただくと、

  • 1986年北海道札幌市生まれ
  • 大学卒業まで通販とは無縁の生活
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる
  • 車も無く買い物行くのは面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る

こんな感じです。

このブログは、
ネット通販やネットサービスを通して

Quality of Life
(=QOL)を高める!

というのをテーマに情報発信しています。

ただ、ネット利用する上で同時発生するデメリット

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消したい!
これも合わせて情報発信しています。

なので、実際に買ったものや
使ったもののレビュー記事が多めです。

買おうか、はたまた試してみようか、
その前の判断材料になれるよう
情報を更新していきます!

簡易的なプロフィールですが
読んでいただき、ありがとうございました。

 

-家具・家電・設備