商品レビュー・紹介

ロジクールの『K380』レビュー【これ1台で何でも来い!なキーボード】

本記事の内容

  • Logicoolキーボード『K380』のレビュー

 

本記事はこういった人におすすめ!

  • WindowsやiPad等で共通のキーボードを使いたい人
  • ちょっと可愛いめなキーボードを使いたい人
  • Bluetoothキーボードが欲しい人
  • スマホでキーボード入力したい人

 

ももたろ
こんにちは。ももたろです。

 

本記事でレビューするのは

Logicool(ロジクール)のキーボード

『K380』

です。

 

8年間使ったキーボードから新調したいと思い、

 

  • コンパクトなキーボードが欲しい
  • テンキーは不要
  • Bluetooth対応がいい
  • WindowsとiPhoneで使いたい

 

こんな条件を満たしてくれたのが

今回紹介する『K380』でした。

 

この記事を読まれているみなさんは

上記のどれかに当てはまるのではないでしょうか?

 

購入を考えているなら

ぜひ本記事の情報を参考にしてみてください。

 

キーボード単品


マウスとのセット

 

『K380』について

 

K380について簡単に紹介します。

 

K380の仕様

  • Bluetoothキーボード
  • Win/Mac/Android/ChromeOSなど、ほとんどのOSに対応
  • 単四電池2本で駆動
  • 3つまで接続デバイスを記憶できる
  • 高さ: 124mm
  • 幅: 279mm
  • 奥行き: 16mm
  • 重量: 423g(電池を含む)
  • 全5色展開

 

ももたろ
私はブルーを購入しました。いい色ですよ。

 

同梱物

同梱物は以下の通りです。

 

 

  • キーボード本体
  • 単四電池 × 2(本体内蔵)
  • 簡易説明書(黄色い紙)
  • 保証書

 

キーボード外観

キーは珍しい丸型です。

水色キーが3つあって、それぞれのキーに接続先デバイスを割り当てられます。

割り当てしたいキーを長押しするとペアリングモードになるので、その状態で接続デバイスとペアリングさせます。

 

 

左サイドにキーボードのON/OFFスイッチがあります。

 

 

裏は4隅にすべり止めゴムと電池をセットする場所があります。

角度調節スタンドはありません。

 

 

マウスとセットで購入すると色が統一出来てGood

 

『K380』キーボードは5色展開されていますが、

各色に合わせたマウスも販売されています。

 

ちなみにマウスはM337です。

Amazonだとセットで購入できますよ。

 

キーボード単品


マウスとのセット

 

『K380』の使い勝手をレビュー

 

『K380』の使った感想をまとめると

こんな感じでした。

 

これどうしようもないな、というのは無く

良いキーボードだと思います。

 

良かった点

  • 打鍵音がうるさくない
  • 丸形キーは気にならない
  • キーストロークは良い感じ
  • ボタン一発で接続先切り替えができて便利
  • USBポートが1つ空くのが助かる

悪い・気になる点

  • プリントスクリーンキーが無い
  • F1~F12キーがファンクションキーと同時押し
  • Windowsメインの人がAppleマシンに接続して使うと配置が違って焦る

 

打鍵音がうるさくない

打鍵音が静かです。

カタカタ、カチャカチャ

言いません。

 

カフェなどや外出先で使っても

迷惑にならない打鍵音だと思いますよ。

 

丸形キーは別に気にならない

買う前はどんなもんだろ?と思っていましたが

 

使ってみると

違和感は全然ありません。

 

むしろ丸い分、爪が引っかからなくて

良い感じかなと思います。

 

キーストロークは良い感じ

キーの押した感じはちょっと固め

ストロークはちょうどいい感じ。

 

MacbookやiPadのMagic KeyBoardと比べると深くて固いですね。

 

ボタン一発で接続先切り替えが出来て便利!

1個しかペアリングできないキーボードと比べて

ボタン一つで接続先切り替えができるので

ラクラクです。

 

1台にしか繋がないという場合は

恩恵は少ないですが、

家ではPC、外ではiPadで、

こんな感じの使い方をする人は

便利だと思います。

 

私はPCとiPhoneで切り替えて使ってます。

 

USBポートが1つ空くのが助かる

無線レシーバーを使うタイプだと

どうしてもレシーバーにUSBポートを

1個取られてしまいますが、

 

『K380』はBluetoothなのでUSBポート不要です。

 

これは意外と嬉しいポイントです。

 

プリントスクリーンキーが無い

買ってから気付きました。

 

ももたろ
プリントスクリーンキーが無い...!

 

何気にかなり使うキー『PrintScreen』キーが

キーボード上のどこ探しても

見つかりません。

 

画面の画像をコピーすることが多いので

かなり死活問題でした。

 

ショートカットキーないのか!?と探したところ、ロジクール公式ページにショートカットキー一覧がありました。

 

 

普通のスクリーンショットは

(普通のキーボードでいう『PrintScreen』キーのみ)

『fn』+『tab』

 

選択中のウィンドウだけスクリーンショット

(普通のキーボードでいう『Alt』+『PrintScreen』)

『fn』+『alt』+『tab』

 

ちなみにiPadやiPhoneで使う場合も

ショートカットキーです。

どちらかでスクショが撮れます。

  • 『fn』+『tab』
  • 『shift』+『cmd』+『3』

 

『Shift』と『Cmd』を押しつつ最後に『3』を押すと

成功しやすいですよ。

全部同時押しは難しいです。

 

 

ちなみに『fn』+『C』キーでコピーとかありますが、

『fn』を使わずに従来通り『Ctrl』+『C』でも

可能ですのでご安心ください。

 

F1~F12キーがファンクションキーと同時押し

初期設定だと、本来のFxxキーの機能が

ファンクションキー『fn』を押しながらじゃないと

機能しませんでした。

 

ファイル名変更でよくF2キーを使うんですが、

F2キーは接続先変更になので、

意図した操作にならないので

 

これをファンクションキー要らずにするには

ロジクールのソフトをダウンロードして

設定変更する必要があります。

 

私は迷ったので手順を記載しておきますね。

 

step
1
下記ページにアクセス

ロジクールのソフトダウンロードページにアクセスします。

 

step
2
ソフトをダウンロード、インストールする

以下のソフトをダウンロード・インストールします。

 

step
3
設定を変更する

キーボード『K380』を選択して、

以下の画面の赤枠内のチェックを入れれば

設定完了です。

 

 

この設定だと、『fn』キーと同時押しすれば、

デバイス切り替えや

Fxxキーにあるマークの機能を使えます。

 

Windowsメインの人がAppleマシンに接続して使うと配置が違って焦る

記号の位置が違います。

英数字の配置は一般的なWindowsキーボードと一緒ですね。

 

本記事で入力してる文字だと

『』や+の位置が違います。

 

ももたろ
何回ミスタイプしたかわかりません 笑

 

ただ、Windowsにしか接続しないなら何の問題もないですね。

 

iPad用に買おうか迷っている人に向けてアドバイス

 

iPad MiniやiPad無印に使うなら

全然問題ないと思います。

マウスとセットがおすすめですよ。

 

ただ、iPad ProやiPad Air(第4世代以降)に

使おうと考えているなら

私ならMagic Keyboardの方をおすすめします!

Magic Keyboardは高いけど、

以下の観点では『K380』に勝ち目は無いです。

 

  • 持ち運
  • 使い勝手
  • 操作性(タッチパッドは超快適)

 

私はiPad Pro(12.9)+ Magic KeyBoardを持っていますが、Magic Keyboardはホント便利です。

 

 

iPhoneも不格好でもいいから

対応してくれないかなと思うほどです。

 

12.9インチ用のMagic KeyBoard

 

11インチ用のMagic KeyBoard

 

でもiPadが買えちゃうくらいの価格なので

ユースケースを考えて『K380』で事足りる人は

こちらを選んで、他にお金を回した方が

良いと思います。

 

どこで購入するのがおすすめ?

 

送料込みで価格が安いのはAmazonです。

キーボード自体も楽天より安く買えるので

基本Amazonでいいと思います。

 

ポイント使って購入するなら

楽天のほうが安いのかなと思います。

 

キーボード単品


マウスとのセット

 

おまけ:この記事はiPhoneで執筆してみました

ちなみにこの記事は

iPhone11に『K380』を繋いで執筆しました。

同時購入したマウスも繋げています。

 

そもそもPCあるのに

なんでiPhoneで入力してるの?

という声がありそうですが、

今はPCやタブレットよりも

スマホで何でもこなす時代。

 

ブログ書いている身であれば、

記事投稿もスマホでやった方が

読みやすさチェックも同時にできる

まさに一石二鳥です。

 

スマホでキーボードを使って作業する場合は

マウス必須ですね。

指で画面スクロールするのは面倒です。

 

まとめ:Logicool『K380』は総じて良いと思います!

 

Logicool(ロジクール)のキーボード『K380』をレビューしました。

 

最後に『K380』の特徴をまとめます。

 

K380まとめ

  • Windows/Mac/Android等、なんでもござれなキーボード
  • 5色展開で好きな色を使える
  • タイピング音が小さいから外でも使える
  • ボタン一つで接続先切り替えができて便利
  • マウスとセットで揃えると統一感あり
  • キーの形が丸くてかわいいよ
  • 独特なショートカットキーあり

 

『K380』は以下の3拍子が揃ったキーボードを

探している人にはおすすめですよ。

 

  • コンパクト
  • マルチOS
  • Bluetooth接続

 

キーボード単品


マウスとのセット

 

本記事はこれで以上となります。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

にほんブログ村ランキングに
参加しています。

ボタン押すだけなので、
宜しくお願いします!

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろという名で
ブログで情報発信しています。

簡単に自己紹介するとこんな感じです。

  • 1986年北海道生まれ。
  • 大学卒業までネット通販とは無縁で過ごす。
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む。
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる。
  • 車も無く買い物行くのはめっちゃ面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動。
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る。
  • 最近はネットサービスにも興味津々。

このブログは、

  • (メイン)実際に買ってみた商品や、試してみたネットサービスのレビュー
  • (サブ)これいいな!と思った商品やネットサービスの紹介

の2点をメインに情報発信していて、ネット通販のデメリットである

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消するお助けになればと思って立ち上げたブログです。

購入を検討していたり、購読してみよっかな?だけど失敗したくないから、色々調べるための情報が欲しい!と思っている人の助けになれば幸いです。

 

最新記事

-商品レビュー・紹介
-,

© 2021 ももたろの通販ライフ Powered by AFFINGER5