水でカラダを強くする

料理や食材ごとに硬水と軟水を使い分ければ、より美味しくなるという豆知識



 
ももたろ
こんにちは。ももたろです。 (@Momotaro_1986

この記事では、硬水と軟水を料理や食材によって使い分けるとさらに美味しくなるよ!って話をしています。

こちらに硬水と軟水の記事を書きましたが、

今回はちょっと補足というか
関連情報として、

硬水と軟水を
料理や食材によって使い分ける

について書こうと思います。


料理に使う水で硬水か軟水かって
気にしたことはありますか?

僕の場合、
浄水を使うかどうかくらいしか
気にしなかったんですが、

硬水と軟水は
料理や食材によって使い分けると
さらに美味しくなるとのこと。

雑学を仕入れる感じで
気軽に読んでもらえればと思います。

料理によって水を使い分けると、更においしくなる!

まずはざっくりと
料理に合う水の使い分け。

ほぼ結論になっちゃいますが、

その料理発祥の地域の水を使うと
Goodです!

なぜなら、
食文化はその土地の水をベースに
発展していくから。

なので、その国や土地に合わせた水を
使うのがベストです。

例えば、日本なら軟水が多い
 →和食は軟水が向いている

対して、ヨーロッパでは硬水が多い
 →パスタやピザなどは硬水が向いている

料理で軟水か硬水か使い分けると
仕上がりや味がワンランクアップしますよ。

スペインのように硬水と軟水が
地域によって分かれる国があるから
一概に言えない所もあるけど、
その国で売られている
ミネラルウォーターとか見れば
硬水か軟水かはある程度わかりますね。

和食には軟水が良い

日本人のソウルフード『和食』。

日本は軟水が中心なので
和食には軟水が向いています。

和食の味の要となる『ダシ』を取るにも
軟水が適しています。

多くのミネラルが含まれている硬水だと、
鰹節や昆布の物うまみ成分が
水に溶け出しにくいんです。

なぜなら、
カルシウムやマグネシウム等は
うまみ成分と結合して
アクになりやすいからです。

ごはんを炊くのも軟水が良い

炊飯器でごはんを炊く場合は
軟水がおすすめです。

お米は乾いた状態から水に入れた時が
1番よく水分を吸収するからです。

なので、お米を研ぐ時にも軟水を使うと、
ふっくらとしたご飯が炊けます。

ちょっと贅沢だけど、
軟水のミネラルウォーターを使うと
水道水で炊くよりもおいしく仕上がりますよ。

逆に硬水だと、
水に含まれるカルシウムが
食物繊維を硬くしてしまうので、
お米がふっくら炊き上がりません。

ただ、硬水も向いている料理があります。
それはチャーハンやパエリア。

粘り気のない
パラパラのご飯に仕上げたいときは、
硬度80〜120mg/L位の
硬水が適しています。

野菜にも基本軟水が向いている

野菜にも軟水が向いています。

軟水を使うと水分の浸透が良く、
味が染み込んで柔らかく仕上がります。
野菜を煮たりスープにする時は
軟水がおすすめ。

お芋とかニンジンとか
煮崩れを防ぎたいときは
硬水を使うと良いです。

硬度が高いと、
カルシウムが食物繊維を硬くして
アクが出やすくなるので、
根菜のアク取りや
煮崩れさせたくない料理にはうってつけです。

肉料理には絶対に硬水!

肉料理なら硬水がおすすめです!

加熱した際に肉を硬くする成分が
水のカルシウムと結合して
アクとなって出てくれます。

固めの肉で出汁を取ったり、
じっくり煮込んだりするときには、
硬度300mg/Lくらいの中硬水を使うと
臭みが消えて肉の旨味を引き出せます。

あと、お鍋やしゃぶしゃぶは
硬水が良いです。

肉がやわらかくなるし、
スープに旨味が凝縮されます。

水道水は浄水したものを使って!

ここまで、料理や食材によって
硬水や軟水を使い分けると
美味しくなるよーって話をしてきましたが、

軟水を使う場合、
おそらく水道水を使ってる人が
多いんじゃないかと思うので
ちょっとだけ水道水の話をします。

日本の水道水は軟水で
殺菌もされて他の国より安全ですが、
そのまま使うんじゃなくて
浄水器を通して使うべきだと僕は思います。

この記事もそうですが、
色々水のことについて調べてる中で
分かったことがありまして。

蛇口をひねったら出てくる水道水。
買い足す必要もなく便利だけど、

飲用水としてはもちろん、
料理にもそのまま使うのは
ちょっと避けるべきかなーと
思うことがあったので、
ここからはそれについて書いてきます。

その理由は、水道水に含まれる
塩素とトリハロメタンにあります。

塩素とトリハロメタンの有害性に関しては
下の記事にまとめたので、
合わせて読んでもらえればと思います。

日本の水道水は塩素殺菌を行う上で、
発がん性のトリハロメタンが発生します。

これの何が悪いかって言うと、
今回の料理の話を例にすると、

若干黄色味かかったごはんを
見たことないですか?
見た目も味もちょっと…なごはんです。

これは水道水に含まれる
塩素や水道管内のサビによって
起こってるんですよね。

なんか超怖くないですか?サビって。

なので、水道水を使う上で
飲むにしろ、料理に使うにしろ、
浄水器を通すのをおすすめします。

あと、慢性的に手荒れに悩んでる人も
ぜひ浄水器をつけた方がいいです。

手荒れの原因の一つとして
塩素負けっていうのがあるので。

つける場所としては
キッチンにはもちろん、
肌荒れ、手荒れを気にするなら
シャワーにもつけた方がいいですね。

キッチンならとりあえず
これつけておけば間違い無いです。

シャワーであれば
有名なミラブルplusがいいと思います。

まとめ

料理や食材に合った
軟水と硬水の使い方についてお話ししました。

この記事の内容をまとめると、

  • 料理に合う水は、その料理発祥の地域の水を使うとGood
  • 和食は軟水が向いている
  • ごはんは軟水で炊くのが良い
  • 野菜も軟水が良い
  • 肉料理なら硬水が良い
  • もし水道水で料理してるなら、浄水を使ったほうが良い

料理や食材に合った水の使い分け、
是非チャレンジしてみてください!

日頃作ってる料理が美味しくなって
料理が上手くなったとか、
食べてくれる家族の満足度も
上がるかもしれません。

また、水道水をそのまま利用してるなら、
自分や家族のカラダに不要な
有害物質を体に入れないために
浄水器の導入を強くおすすめします!

〜追記〜

 

参考までに
我が家で飲んでる水を紹介します。

 

キリン アルカリイオンの水
・pH = 8.8〜9.4
・硬度=55〜59mg/L

起床後、就寝前、水筒持ち歩き用。
近くのスーパーじゃ売ってないので、
ネットで買ってます。

 

 

サンペレグリノ
・pH = 7.8
・硬度=734mg/L

疲れた時とか、小腹が空いた時とか
水ダイエットに貢献してくれてる頼れるヤツ。
便秘解消にも効果あると思います。

お店に行くよりネットで買った方が
断然安いです。

 

 

 

ウォーターサーバー フレシャス

フレシャスのdewo miniという
コンパクトなサーバーを使ってます。

含有ミネラルを見て決めました。
サーバー自体もおしゃれで満足です。

あと、水容器がビニール袋なので
ボトルと違ってゴミも出なくて
あとコスパもいいですよ。



 

 

ウォーターサーバーどれがいいの?と
迷ってたら↓の記事を読んでみてください。
フレシャス含め、紹介しています。

 

のむシリカ

この水が秀逸なのは
様々なミネラルが入ってて

  • 便秘解消
  • 体の組織の強化
  • ダイエット
  • 美容促進

などなど、いろんな効果があります。
水だから体に害がないし
サプリや錠剤を多用するより健康的かと。

僕は水ダイエット、妻は美容のために
のむシリカを1日500ml飲んでます。

 



 

本ブログの人気記事

EVICIV EVC-1301レビュー【ドック無しでSwitchを大画面で快適プレイ!】

この記事は13.3インチのモバイルディスプレイ『EVICIV EVC-1301』のレビュー記事です。 突然ですが、 うちにはディスプレイがありません。 無くても別に困ったことなかったけど、ちょっとディスプレイ欲しいなーと思うことが2つありまして。 1つ目は、僕はよくゲームします。主にNintendo Switch。 大画面でプレイしたいからリビングのテレビでやるんですけど、家族がテレビ見れなくなるから気使いながらやってるとこがあって、「1人でゲームやるとき用のディスプレイが欲しいなー」って思ってました。 ...

読んでみる

cocopar『zg-173-bk』レビュー【17.3インチモバイルディスプレイは超快適!】

この記事は17.3インチのモバイルディスプレイ『cocopar zg-173-bk』のレビュー記事です。僕は既に13.3インチのモバイルディスプレイを持ってますが、使ってみたいということで買い足しました。製品自体や、サイズ選びで悩む人の参考になると思います。 僕は既に13.3インチのモバイルディスプレイを持ってるんですが、物欲が抑えきれず...ついに買っちゃいました。 17.3インチのモバイルディスプレイ cocoparの『zg-173-bk』です! 簡潔に感想をまとめると、買って満足してます。 既に持っ ...

読んでみる

『聞く』っていう垣根を越える!アタマを良くするAudibleの一歩進んだ活用法

この記事は、僕がお世話になってるAmazonのサブスク『Audible(オーディブル)』について『聞く』だけじゃなくて他の使い方もあるよって話を具体例を4つ出しながらお話ししています。 Audible使ってみたいんだよなーでも本を聞くだけで1,500円はちょっとなー こんな風に思ってる人って結構多いと思います。 Audibleって 購読初月は1ヶ月間無料 なんですけど、継続するとなると、 毎月1,500円とか高くない?ありえないでしょ、聞かないで本読むよ。 って思いませんか? 僕は以前はこう考えてたんです ...

読んでみる

【画像比較レビュー】BoYata『BST-10』と『N21』の違いは?

この記事はBoYataのノートパソコンスタンド『BST-10』と『N21』を画像比較しながらレビューしています。この2つのどっちを買おう?って迷ってる人にとって役に立つ情報だと思います。 『N21』は今では『B-ST-21』と表記される場合もあります。この記事では『N21』に統一して記載しています。 本記事ではBoYataのノートパソコンスタンド『BST-10』と『N21』の実物比較レビューをしています。 この2つです。 BoYataのノートパソコンスタンド購入は『BST-10』か『N21』で迷う人が多い ...

読んでみる

イヤホンで耳がかゆくなる人は必見!対策はこのイヤーピースで!

この記事はイヤホンすると耳がかゆくなる!どうしたらいいんだ!っていうイヤーピースアレルギー、というかゴムアレルギーが急に発症した僕が、敏感肌な人向けのイヤーピース『AZLA SednaEarfit XELASTEC』に交換することで解決した話です。レビューとしてまとめているので、同様のお悩みを持ってる人はぜひ試してみてください! イヤホンしてると耳がかゆくなる! こんなお悩みを解決します。 僕はこれまでイヤホンしてて耳がかゆくなるってことはなかったんですが、今回初めてこの症状に見舞われました。 「なんでイ ...

読んでみる

【買って後悔した実体験】電動歯ブラシは使うべきだけど買うべきではない

この記事では、実際に電動歯ブラシを使った僕が思った、『電動歯ブラシは買うべきではない』という理由について、体験談と共にまとめています。電動歯ブラシを使ってみたいと思っている人はぜひ読んでおいてください。 この記事でまず最初に言いたいのは 電動歯ブラシって一人一台持つべきマストアイテムである! ってこと。 電動歯ブラシって普通の歯ブラシよりもキレイに磨けるし、歯がツルツルになります。茶渋もおとしやすいです。 歯が黄色いなぁと思ってたら絶対に使うべき。 笑ったときの歯が黄色いと恥ずかしくて口を開けて笑えないし ...

読んでみる

『デトランスα(パースピレックス)』←ワキ汗が止まらん!ワキガもひどい!って人に試してほしい制汗剤

この記事は『デトランスα(パースピレックス)』という制汗剤のレビュー記事です。僕みたいにワキ汗やワキガで悩んでて、市販のものじゃ効かなくて困ってる人に使ってみてほしい制汗剤です。ただ、ネットでしか売ってない特性上、いきなり試すのは怖いと思うので使用感等、参考にしていただければと思います。 突然ですが、僕は中学生くらいから30歳までワキ汗、ワキガに悩まされてきました。 あまり言いたくないですが、僕のワキ事情は以下の通りです。 症状はこんな感じで、今思い返してみても結構重症かなと思います。なので、 ワキ汗かき ...

読んでみる

『EQUALS WALL V3 ハイタイプ』レビュー【空間を広く見せる、魅せテレビスタンド】

この記事は、家にあると超絶カッコイイ魅せテレビスタンド『EQUAL WALL V3 ハイタイプ』をレビューしています。実際にEQUALS V3 ハイタイプを実際に使っている様子を見たい人には読んでほしい記事です。 新築購入にあたってテレビ周りを買い替えることになりました。 今までテレビ台を使ってましたが、今回はテレビスタンドを採用することに。 購入したのはこれ! EQUALS WALL V3 ハイタイプ リンク めちゃかっこよくないですか? 今まで35年間、テレビにはテレビ台!っていう固定観念し ...

読んでみる

超厚切り牛タン芯をリーズナブルに堪能できるお取り寄せグルメ『伊達のくら』が素晴らしい!

突然ですが、 僕達夫婦は牛タンが大好きです。焼肉の中で1番好きです。 焼肉屋行っても頼むお肉は牛タンが8割を占めます。 牛タンしか頼まなかったこともあります 笑 なので、けっこう割と頻繁に 牛タン食いてぇ! ってなるんですよね。 普段の日であれば量的なところで十分満足します。 こういう時はコストコの牛タンがうってつけですね。 3千円くらい出せば当分いいやーってくらいまでたらふく食べられるので。 でも、記念日なんかはそうは行きません。 結婚記念日はもちろん、出会った記念日、付き合った記念日、お互いの誕生日、 ...

読んでみる

ブログのメインカテゴリ