家具・家電・設備

高反発マットレス『モットン』の効果や商品に関する質問まとめ

本記事の内容

  • 高反発マットレス『モットン』の効果やお手入れに関する質問まとめ

 

本記事を是非読んでほしい人

  • 腰痛で困っている
  • 腰が痛くて寝付けない
  • 寝て起きたら腰や背面が痛い
  • 腰を休ませられる寝具を探している
  • モットンを使ってみたいけど、効果が心配

 

 

ももたろ
こんにちは。ももたろです。
@Momotaro_1986

 

本記事では僕が4年間愛用している
高反発マットレス『モットン』の
効果や商品に関する質問をまとめてます。

 

我が家では夫婦で
モットンのお世話になっています

 

試してみたいけど、
ネットでしか買えないものなので
やはり疑問や不安がありますよね。

 

よく寄せられている質問に対して
僕が使っている感想を混ぜ込みながら
解説していきます。

 

本記事で少しでも早く解消しちゃって
モットンで快眠しながら
腰痛から早く解放されちゃいましょう!

 

腰の悩みを解決したいなら『モットン』

 

モットンの商品に関する質問まとめ

 

ももたろ
それでは、本編いってみましょう!

 

Q. 効果はすぐに感じられるのか?

A. 早い人で翌朝に、遅い人でも1~3ヶ月程度で実感いただいております。
※効果には個人差があり効果を保証するものではありません

 

一朝一夕で腰痛が改善することは
ほとんどないと思います。

 

僕の場合だと、
使い始め1~2週間くらいの頃から
腰が痛くて寝付けないとか
朝起きたら体が痛いとかの症状が
だいぶ楽になったのを覚えてます。

 

なので、1日、2日で
「全然効果ないじゃん!」とは言わず、
しばらく使い続けてみると良いですね。

 

Q. 長年、慢性的な腰痛に悩まされているけど、効果があるか?

A. 効果には個人差があるため、明言することはできません。
そのため、当店では寝具業界では異例の返金保証を設け、まずはお試しいただくという形を取らせていただいております。まずはお試しいただき満足いただかなければ返品いただければ幸いです。

 

慢性的な腰痛が
寝具だけで治ったら苦労しないわ!

 

っていう常識的な疑問から
来る質問なのかなと思います。

 

確かに寝具だけでは治らないと思います。
僕は腰痛から解放されましたが、
寝具だけでは治ってないと思います。

 

僕は日々の姿勢に気を付けて
腰の負担を減らしながら
モットンで腰の筋肉を回復させた結果、
腰痛改善できたと思ってます。

 

下の方で、僕がやってた
日々の姿勢の気を付け方を
紹介しますね。

 

Q. 普通のマットレスとは何が違うのか?

A. 日本人の体型を徹底的に研究し、睡眠時の腰への負担を徹底的に減らすことにこだわったマットレスです。

 

日本人と欧米人では筋肉量が違います。

 

日本人の方が少ないですね。

 

なので、海外製のマットレスは
日本人に合わない場合が結構あるようです。

 

モットンは日本人向けに作られてるので
そのリスクは低いのかなと思います。

 

また、実際使ってみると
高反発マットレスの名に恥じない
体を持ち上げてくれるのを体感できます。

 

ももたろ
仰向け、横向きで負荷がどこかに集中することが無いんで、体がすごくラクなんです。

 

高反発マットレス_モットン

 

Q. マットレスやカバーの素材は?

次世代高反発ウレタンフォーム「ナノスリー」を採用しており、反発力が高く、自然な寝返りをサポートします。
カバーは肌触りの良いベロア調の生地となっております。組成はポリエステル100%です。

 

私的な感想ですが、
ベロア生地に寝転がると
夏だとちょっと暑く感じます。

 

基本的にマットレスシーツと
ベッドパッドを併用して使った方が
良いですね。

 

その方が清潔だし、
モットン自体も長持ちすると思います。

 

Q. 耐用年数はどのくらい?

A. 使用方法や環境によっても変わりますが、耐久試験からは10年使っていただる計算です。ヘタレてきたなと感じた場合は交換をオススメします。

 

僕はモットンの硬さはレギュラーですが、
4年目にしてちょっとだけ
ヘタって来たかなと思います。

 

妻の方も4年使ってますが、
こっちはヘタってないようです。

 

僕のだけヘタってる原因は
体重の増加かなと思います。

 

ももたろ
買った頃は65kgだったけど、今は80kgあるんで 笑

 

僕は身長180cmなので
今のほうが適正かな、とも思います。

 

話を戻すと、モットンって
体重80kgだと、硬さレギュラーとハードの
境目なんですよね。

 

買いかえる時はおそらく
ハードだと思います。

 

まぁ、実際に10年もつマットレスなんて
無いと思うので5~7年で買い替えるのが
実情だと思います。

 

Q. ニオイはありますか?

A. ウレタンフォームは素材臭がございます。そのため、においに敏感な方は素材臭が強く感じる場合がございます。
また、ウレタンフォームは微細なセル構造(気泡)を持つため、表面積が多く、カバー材や包装材等その他材料の異臭を容易に吸着し放散するため、においが気になる場合がございます。
においが気になる場合は、風通しの良い場所で陰干しいただければ徐々ににおいが放出され気にならなくなります。その後、低臭条件の環境でご使用いただければにおうことはございません。

 

今思えば、
確かにニオイあったなーって感じです。

 

そんなに長期間続いた記憶は無いですね。

 

Q. ウレタンのニオイは人体に影響ない?

A. お身体に害はなく、赤ちゃんの使用に関するホルムアルデヒト試験にもクリアしておりますので、ご安心ください。

 

最初はちょっと臭うけど
心配する必要はなさそうですね。

 

Q. ウレタンが変色した場合、性能は変わる?

A. ウレタンが変色しても、製品の劣化にはつながりませんのでご安心ください。
なお、変色は蛍光灯によっても起こります。

 

コチラも問題なし。

 

Q. 低反発マットレスとは何が違う?

A. 低反発マットレスのメリットは高反発マットレスと比較して価格が安いです。
ですが反発力がないため、体が沈み込み腰に負担がかかりやすく、腰痛の方にはお勧めできません。

 

僕は低反発マットレスがダメだった人です。

 

体がバキバキになってました。
床で寝てんのか?と思うほど。

 

確かモットンの半分くらいの厚さの
低反発マットレスで
地面を感じたのを覚えてます。

 

ももたろ
友人の家に泊めてもらってたので、文句は言えませんでしたけどね 笑

 

Q. 複数人で1つのモットンを使用する場合、硬さはどれを選べばいい?

A. 複数人でご使用をいただく場合は、ご使用いただく方々の体重を確認いただき、一番「硬さ選択の体重目安」の範囲内に入る人数が多い硬さでお選びいただくことをお勧めいたしております。

 

と、回答されてますが、
僕は複数人で使うのをおすすめしません。

 

具体例でいうと、
夫婦でダブルサイズ1つで共用って
感じでしょうか?

 

複数人で使うと、モットンの長所である
『無理せず寝返りが打てる』が
全然意味無しになるかも。

 

腰の筋肉回復を促すのは寝返りです。

 

なので、寝返りが打てないと
本末転倒な結果になる可能性が
高いと思います。

 

なので、人数分
シングルサイズを用意するのが
ベストだと僕は思います。

 

モットンの効果やサイズ・硬さについて、もうちょっと詳しく知りたい人はこちら。
腰痛対策マットレス第1位 販売累計10万本突破【モットン】公式サイト

 

関連記事

 

本ブログの腰痛に関する記事です。
合わせて読んでみてください。

 

 

 

まとめ

 

モットンの効果に関する質問を
まとめてご紹介しました。

 

もし、今の寝具に不満があるなら
そのまま使い続けても
腰の筋肉回復は期待できないと思うし、

 

何より、

 

上の節の関連記事で紹介してますが、
モットンは使用後に返品可能な商品です。

 

つまり、ノーリスクで試せます。

 

なので、
悩んでる時間がもったいない!

 

ももたろ
1秒でも早く腰痛から解放されましょう!

 

腰痛対策マットレス第1位 販売累計10万本突破【モットン】公式サイトはコチラ 

 

高反発マットレス_モットン

 

タグ一覧

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろと申します。
簡単に自己紹介させていただくと、

  • 1986年北海道札幌市生まれ
  • 大学卒業まで通販とは無縁の生活
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる
  • 車も無く買い物行くのは面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る

こんな感じです。

このブログは、
ネット通販やネットサービスを通して

Quality of Life
(=QOL)を高める!

というのをテーマに情報発信しています。

ただ、ネット利用する上で同時発生するデメリット

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消したい!
これも合わせて情報発信しています。

なので、実際に買ったものや
使ったもののレビュー記事が多めです。

買おうか、はたまた試してみようか、
その前の判断材料になれるよう
情報を更新していきます!

簡易的なプロフィールですが
読んでいただき、ありがとうございました。

 

-家具・家電・設備
-