ガジェット

2ポート急速充電器『TECKNET TK-PC005』レビュー【2台を20W以上で高速チャージ!】

 

ももたろ
こんにちは。ももたろです。
@Momotaro_1986

この記事では、急速充電器『TECKNET 45W GaN Wall Charger』のレビューをしています。iPhone1台はもちろん、2台同時や、iPadやMacBookと同時に充電したい!って人に自信を持っておすすめできる急速充電器です。

こんな人におすすめ!

  • iPhoneを2台同時に急速充電したい
  • iPadやMacbook Airを急速充電したい
  • 2ポート充電器が欲しい

こんな人には向かないかも...

デバイスを同時充電って、
考えてみると超すごいことだと思いませんか?
充電にかかる時間をめちゃくちゃ短縮できる。

出来て当たり前で、
普段の生活に溶け込んでるモノこそ
素晴らしいモノだと最近よく気付かされます。

そんな僕ですが、
こんな組み合わせで2台同時に
充電したいと思う時が多々あります…

  • iPhone + iPhone
  • iPhone + iPad
  • iPhone + Macbook

etc..

両方のデバイスのバッテリーがあと僅か…

同時に充電したい!
でもコンセントの空きが1個しかない…!

って時ってありますよね。
こんな時は2台充電できません。結構不便です。

どっちを先にやるべきか?なんて
余計なこと考えなくちゃならない。

あと、充電ケーブルは仕方ないとしても、2台同時に充電するのに2個充電アダプタを持ち歩くのはなるべく避けたい。

なので、
2ポート搭載の充電器が欲しいなー、と。

それで更に
2台急速充電できるものが欲しいなー、と。

というわけで、探して見つけたのが、
TECKNET 45W GaN Wall Charger

『TK-PC005』なのです!

前置きはこの辺にして
早速レビューしていきますね。

TECKNET 『TK-PC005』のいいところ

TECKNET 『TK-PC005』なら

1台充電なら45W、
2台同時でも25W + 20Wで充電できます。

これの何がいいかっていうと
2台同時にした時の充電速度差が少ないこと。

世の中の急速充電器に多いのが、
総出力は45Wでも、2台同時に充電すると
30W + 15Wが限界です、
みたいな充電器が多いです。

15Wの方で充電すると
「急速充電って、あまり早くないな?」
みたいなことになるんですよね。

そんな不満を解消してくれる
購入時の候補に挙がった充電器で
Anker PowerPort III Duo 20W
っていうのがあります。

これ、トータル40Wで
20W + 20Wで充電できるから
最初これにしようかなと思ってたんですが、

コンセントに刺した時を考えると
「隣のコンセントまで干渉して不便かも」って
思ったんですよ。

なので、これに似たものがないかなって探して
最終的にTECKNET『TK-PC005』の充電器になりました。

20W+25WでAnkerより上、
かつコンパクトなので満足してます。

性能的なことをちょっとお話しすると、僕が使ってるiPhone12は20Wくらいが一番短時間で充電できます。

つまり、iPhone12って、これ以上のワット数があっても充電早くならないんですよ。

ちなみに、USC TypeCポートを持つiPadの付属充電アダプタは18W〜20Wで、短時間で充電できるのは11インチクラスなら30Wくらい、12.9インチなら40Wくらいが目安です。

MacBook Air M1の付属充電アダプタは30Wで、短時間充電の目安は45Wくらい。

※いずれも僕の実測結果からの値なので、多少なりズレがあるのはご了承ください。

なので、1台接続ならiPhoneだろうとiPadだろうとMacBook Air M1だろうと急速充電できます。

2台同時となると、ちょっと条件付き。
MacBook Air M1はちょっと遅くなっちゃいます。

けど、僕はMacBookやiPadよりも、操作頻度が多いスマホを他のデバイスと同時に急速充電できるメリットの方が大きいかなと思ってます。

いやー、探してもTECKNETのような
コンパクトかつ2台とも20W以上で
充電できるモノってなかなかないんですよね。
ホント出会えて良かったです。

TECKNET 45W GaN Wall Chargerの実力

充電器を購入する上で、一番気になるのは
どれくらい急速なのか?
どれくらい時間を短縮できるのか?
ですよね。

なので、僕が持ってるデバイスで実際に充電時間を計測した結果を数パターンご紹介します。

計測条件

  • デバイス1台の場合は、充電器のPD1で充電
  • デバイス付属の充電ケーブルで充電する
  • 残りバッテリー1%の状態から充電開始
  • 以後、10分おきに電池残量を確認する
  • 片方が満充電になっても充電器から外さない

計測項目

  • iPhone12
  • iPad Pro 12.9(2020)
  • MacBook Air M1
  • iPhone12 + iPad Pro 12.9(2020)
    • PD1 : iPad Pro 12.9
    • PD2 : iPhone12
  • iPhone12 + MacBook Air M1
    • PD1 : MacBook Air M1
    • PD2 : iPhone12

実測結果1 iPhone12

充電時間電池残量
0分1%
10分20%
20分39%
30分55%
40分68%
50分76%
60分82%
70分88%
80分92%
90分94%
100分97%
110分100%
iPhone12 1台の実測結果

2時間かからず満充電できました。iPhone12以前の付属充電器と比べると1時間くらい早く充電できるし、何より80%まで1時間っていうのが使ってて嬉しいところです。

実測結果2 iPad Pro 12.9(2020)

充電時間電池残量
0分1%
10分11%
20分22%
30分31%
40分41%
50分50%
60分58%
70分66%
80分74%
90分80%
100分93%
110分97%
115分100%
iPad Pro 12.9(2020) 計測結果

こちらも2時間かからないくらいで満充電。
純正アダプタだと5時間近くかかるので、大幅な短縮です。

実測結果3 MacBook Air M1

充電時間電池残量
0分1%
10分21%
20分33%
30分46%
40分58%
50分67%
60分75%
70分81%
80分87%
90分93%
100分96%
110分98%
120分100%
MacBook Air M1 計測結果 

MacBook Air M1も2時間で満充電できました。
純正アダプタだと約2時間半なので、
30分の短縮ができます。

実測結果4 iPhone12 + iPad Pro 12.9(2020)

充電時間電池残量
iPhone12
電池残量
iPad Pro 12.9
0分1%1%
10分21%7%
20分28%13%
30分41%19%
40分53%24%
50分63%30%
60分78%36%
70分84%42%
80分88%48%
90分92%54%
100分95%59%
110分98%64%
120分100%70%
130分100%75%
140分100%80%
150分100%83%
160分100%86%
170分100%90%
180分100%92%
190分100%96%
200分100%100%
iPhone12 + iPad Pro 12.9(2020) 実測結果

iPhoneは1台接続の場合と同じく約2時間で充電完了。このアダプタは1台充電の時は45Wで充電しますが、2台充電の時と変わらないです。なので、大体20WくらいあればiPhoneの急速充電には十分です。

iPad Pro 12.9は1台充電時よりも時間かかるけど、純正の5時間に比べたら全然早いです。

実測結果5 iPhone12 + MacBook Air M1(2020)

充電時間電池残量
iPhone12
電池残量
MacBook Air M1
0分1%1%
10分21%6%
20分39%12%
30分51%16%
40分66%22%
50分76%27%
60分83%32%
70分89%38%
80分93%43%
90分96%49%
100分98%54%
110分99%59%
120分100%65%
130分100%70%
140分100%75%
150分100%80%
160分100%85%
170分100%90%
180分100%94%
190分100%97%
200分100%99%
205分100%100%
iPhone12 + MacBook Air M1 実測結果

iPhoneはiPad Pro 12.9と充電した時と変わらず、2時間で満充電。

対してMacBook Airは純正アダプタの30Wを下回る20〜25Wくらいで充電するので、1台充電の時と比べて満充電するまで1時間ちょっと長くなりますね。でも、iPhoneが満充電する2時間後には65%まで充電できてます。iPhoneの充電が終わったら取り外せばMacBook Airの充電が早くなりますよ。

TECKNET 45W GaN Wall Chargerを
画像メインで紹介

ここからはTECKNET 45W GaN Wall Chargerを画像メインで解説していきます。

内容物

内容物は充電器本体と説明書の2つです

充電器本体

四角柱のような形をしてます
プラグを折り畳めるタイプ
僕は折り畳めるタイプしか買いません
じゃないと、結構危ないので
側面に仕様が列記されています
USB TypeCを2ポート搭載
充電中はランプが水色に光ります

サイズ比較

iPad純正アダプタよりは
ちょっと大きい感じ
でも、横幅は結構コンパクトです

購入はAmazonがおすすめ!

購入するならAmazonがおすすめです!

何故なら、
割引&クーポンが頻繁に付与されてるから。

楽天やYahooなど他の通販サイトよりも
安い傾向があるので、
Amazonでお得に入手しちゃってください!

まだAmazon Prime会員じゃない方はこちらから30日間、無料で体験できるので是非使ってみてください。送料無料の他に動画・音楽・書籍コンテンツが無料で楽しめます。入会マストなサブスクですよ!

まとめ

TECKNET 45W GaN Wall Chargerのレビューでした。

MacBook Air M1のように、2台同時の場合は純正充電器よりちょっと遅くなるものもありますが、どうしようもないくらい遅くなるってことはありません。

むしろ、常に操作頻度が高いスマホをパソコンと同時に急速充電できるメリットの方が大きいかなと僕は思います。

2ポートで同時に急速充電するにはおすすめの充電器なので、どれにしようか迷ってたら、選んでみて下さい!
自信を持っておすすめします!

本記事はこれで以上となります。

 

にほんブログ村ランキング参加してます
ボタン押すだけなので宜しくお願いします!

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

関連記事

iPhoneのおすすめ急速充電器3選
1ポート充電器ならこれがおすすめ!
充電器挿しっぱなしが気になる人へ

タグ一覧

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろと申します。
簡単に自己紹介させていただくと、

  • 1986年北海道札幌市生まれ
  • 大学卒業まで通販とは無縁の生活
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる
  • 車も無く買い物行くのは面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る

こんな感じです。

このブログは、
ネット通販やネットサービスを通して

Quality of Life
(=QOL)を高める!

というのをテーマに情報発信しています。

ただ、ネット利用する上で同時発生するデメリット

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消したい!
これも合わせて情報発信しています。

なので、実際に買ったものや
使ったもののレビュー記事が多めです。

買おうか、はたまた試してみようか、
その前の判断材料になれるよう
情報を更新していきます!

簡易的なプロフィールですが
読んでいただき、ありがとうございました。

 

-ガジェット
-, ,