ガジェット

モバイルディスプレイのメリットとデメリット、購入時に押さえておきたいポイントを解説

 

ももたろ
こんにちは。ももたろです。
@Momotaro_1986

この記事は、モバイルディスプレイが欲しいんだけど、探してみるといろいろありすぎてよくわからないし、どうやって選んだらいいの?っていうお悩みにお答えします。注意すべきポイントとおすすめのモバイルディスプレイ3つを紹介します。

モバイルディスプレイって
いっぱいありすぎて
どれ選べばいいの?ってなりますよね。

どれが良いのか?
何に気を付けたら良いのか?

以前僕が探した時は
これがわかんない状態、
まさに手探り状態でした。

この記事を読んでくれてる皆さんも
少なからず同じ悩みを抱えてると
思います。

なので、この記事では
モバイルディスプレイの購入にあたって
以下の3点について
お話ししていきます。

  • メリットとデメリット
  • 押さえておきたいポイント
  • おすすめのモバイルディスプレイ

モバイルディスプレイのメリットとデメリット

僕が実際に使ってて感じるモバイルディスプレイのメリットとデメリットをまとめると、

メリット

  • 持ち運びができる
  • 保管場所を取らない
  • 場所を選ばずに使える
  • モバイルバッテリーで駆動できる

デメリット

  • 外出時の持ち物が増える
  • 据え置き型と比べて、インターフェースの種類や数が少ない
  • 毎回ケーブルを挿すのが面倒、取り回しが大変

こんな感じです。

何と言っても、持ち運びできるっていうのが最大のメリットだと思います。

  • 自室で作業したり
  • リビングで作業したり
  • 僕の場合は旅行先でNintendo Switchやるのに持って行ったり…

などなど、
お世辞抜きで超便利なガジェットです。

あと、机の上がゴチャつかない、圧迫感がないっていうのも大きなポイントかと。

対してデメリットはというと、
外出時の持ち物が増えるところですね。

ディスプレイを出して、ケーブル繋いで…
っていうのは毎回だとちょっと面倒です。

モバイルである以上仕方ないんですけどね。

ただ、モバイルディスプレイだけど
家の中メインで使う人にとっては
全然デメリットにはならないと思います。

ということで、モバイルディスプレイに向いている人、向いていない人をまとめました。

モバイルディスプレイが向いている人

  • 持ち運ぶことが多い
  • 持ち運べないと困る
  • FullHDくらいの解像度があれば十分
  • ガチでゲームしない人

モバイルディスプレイが向いてない人

  • 大画面で作業したい
  • 4K以上の解像度が欲しい
  • ゲーム用途で格ゲーやAPEXやFORTNITE、スプラトゥーンなどのFPSをガチでやる

ちなみに僕は、13.3インチと17.3インチの
FullHD解像度のモバイルディスプレイを
持ってます。

PCのセカンドディスプレイとしては
作業性に関して全く問題ないし、

スプラトゥーンやモンハンなど
リアルタイム性が求められる
ゲームもやってますが、
全然違和感なくプレイできてます。

普通に使う分には全然問題ないですよ。
モバイルディスプレイの応答速度って
ほとんどは5msです。

購入時に押さえておきたいポイント

次にモバイルディスプレイ購入時に
押さえておきたいポイントについて
お話しします。

結論から言ってしまうと、
次の3点を考慮しておけば大丈夫です。

  • 画面の大きさ
  • インターフェース
  • 解像度

画面の大きさ

画面の大きさの主流は以下の3種類。

  • 13.3インチ
  • 15.6インチ
  • 17.3インチ

当然画面が大きい方が作業性は上がります。
ですが、持ち運びが困難になります。
なので、以下を目安に選ぶと良いですよ。

  • 完全に持ち運びメインなら13.3インチ
  • 家使いメインなら17.3インチ
  • 両方なら15.6インチ

画面の解像度

FullHDと4Kの2択です。

僕は基本FullHDで問題ないと思ってます。
17.3インチだとちょっと荒い気がしますが、
慣れたら全然平気です。

4K動画編集やPS4Pro,PS5を繋ぐなら
迷わず4Kですね。

インターフェース

次に映像出力用インターフェースの話。
以下の2つがサポートされているのを
選びましょう。

  • USB-C
  • HDMI

USB-Cポートを使うと、
デバイスとディスプレイを
USB CtoCケーブル1本で接続できます。

つまり、ディスプレイの電源が不要です。
持ち物が減りますね。

PCの場合はPCの電源さえ持っていれば
ディスプレイの電源確保ができるので、
絶対必須なポートです。

あと、Nintendo Switchを
大画面プレイしたい時にも使えますしね。

HDMIはUSB-Cが接続したいデバイスに無い時に使うくらいです。HDMIで接続する場合はディスプレイの電源が必要です。

モバイルディスプレイを使う上で、何か買い足す必要ってある?

Question

ディスプレイにケーブルが付属してくるので、
基本的に何も買い足す必要はありません。

次の節でおすすめの
モバイルディスプレイを紹介しますが、

  • 電源ケーブル
  • USB CtoCケーブル
  • HDMIケーブル
  • 保護カバー

最低でも上の4点は
どのディスプレイでも付属してます。

おすすめのモバイルディスプレイの紹介

おすすめのモバイルディスプレイを紹介します。

ディスプレイサイズ別に、
17.3インチだけ
FullHDと4Kのモデルを紹介します。

紹介してるモデルは、USB-Cポート、HDMIポートをサポートしてるので安心してください。

買うならAmazonがおすすめです。他は高いし、Amazonなら4,000円引きクーポンが発行されてる時があるので。

あと、僕のポリシーとして、下のタイプのようにディスプレイスタンドにポートがあるタイプは、開閉によって故障する可能性があるので、あらかじめ候補に入れていません。それにこのタイプは往々にしてHDMIじゃなくて、miniHDMIを採用してます。つまり使いにくいので考慮する必要がないと思ってます。

13.3インチ Full HD【EVICIV EVC-1301】

僕が2台所有している
モバイルディスプレイです。

知らない中国メーカーだと思いますが、
2年経過した今でも不具合なく
バリバリ稼働しています。

【EVICIV EVC-1301】はレビューで以下の記事にまとめているので、良かったら読んでみてください。

持ち運びはもちろん、視認性も良い13.3インチ

15.6インチ Full HD【EVICIV EVC-1506】

続いては15.6インチ。
メーカーは13.3インチと同じ
EVICIVのEVC-1506です。

持ち運び、家使い両方なら
コレが便利です。

コロナ禍で在宅勤務が増えたときに
先ほど紹介したEVC-1301を紹介したら
家でも会社でも使いたいってことで
EVC-1506を紹介しました。

こちらも特に不具合なく稼働してて、超便利!とのことです。

17.3インチ Full HD【cocopar zg-173-bk】

僕が持ってるもうひとつの
モバイルディスプレイ
【cocopar zg-17b-bk】です。

13.3インチが便利だったので
17.3インチはどうなんだろ?と思って
購入したディスプレイで、結果はというと
買って大正解!なディスプレイでした。

13.3インチでも別に問題ないけど、
やはり画面が大きいと作業が捗ります。

レビュー記事としてこちらにまとめているので、良かったら読んでみてください。

画面が大きいとやっぱり捗る!

17.3インチ 4K【cocopar jsj-173-4kc】

これは4Kのモバイルディスプレイなら
これがおすすめです。

FullHDで事足りない
高精細なコンテンツを扱うなら
これがベストだと思います。

僕が持っているFullHDの17.3インチ
【cocopar zg-173-bk】を
4K対応させたって感じです。

まとめ

モバイルディスプレイの選び方について
お話ししてきました。

欲しいんだけどどれが良いの?
何に気を付けて選んだらいいの?
っていう悩みが少しでも解決すれば
ウレシイです!

本記事はこれで以上となります。
また別の記事でお会いしましょう!

 

にほんブログ村ランキング参加中!
ボタン押すだけなので宜しくお願いします!

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

タグ一覧

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろと申します。
簡単に自己紹介させていただくと、

  • 1986年北海道札幌市生まれ
  • 大学卒業まで通販とは無縁の生活
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる
  • 車も無く買い物行くのは面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る

こんな感じです。

このブログは、
ネット通販やネットサービスを通して

QOL(Quality of Life)を高める!

というのをテーマに情報発信しています。

ただ、ネット利用する上で同時発生するデメリット

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消したい!
これも合わせて情報発信しています。

なので、実際に買ったものや
使ったもののレビュー記事が多めです。

買おうか、はたまた試してみようか、
その前の判断材料になれるよう
情報を更新していきます!

簡易的なプロフィールですが
読んでいただき、ありがとうございました。

 

-ガジェット
-,