Others

モバイルディスプレイ購入にあたってメリットとデメリット、購入時に押さえておきたいポイントを解説

くま
モバイルディスプレイが欲しいんだけど、探してみるといろいろありすぎてよくわからない。どうやって選んだらいいの?

こんな悩みに答えます。

 

本記事の内容

 

ぽんたす
この記事にモバイルディスプレイについて特徴や購入時に確認するポイントをま解説しているよ!

 

本記事ではモバイルディスプレイのメリットやデメリット、購入時に押さえておきたいポイントなどを解説します。

私が購入したモバイルディスプレイも紹介しています。

 

本記事はこんな方におススメです。 

こんな方におススメ

  • 購入を検討している方
  • 購入のポイントを知りたい方
  • モバイルディスプレイについてとりあえず知りたい方

 

モバイルディスプレイの購入を検討していると、いろんな製品があってどれがいいか迷っちゃいますよね。

私は色々調べていて疲れました。

 

くま
いっぱいあるもんね~。おつかれさま。

 

私は仕事、プライベート兼用で13.3インチモバイルディスプレイ『EVICIV EVC-1301』を購入しました。

 

EVICIVのモバイルモニタ EVC-1301は下記の記事で紹介しています。

 

モバイルディスプレイの必要性

昨今、テレワークが増えている中で、自宅で仕事をする割合が増えていますよね。

 

普段職場では据え置きディスプレイを使って2画面で仕事をしているけど、家にはディスプレイがなくて作業効率が落ちる、という方もいると思います。

また、職場ではフリーアドレスが推進していてディスプレイが無い席に座ることも多くなっていると思います。

こういった場合にモバイルディスプレイがあると、作業環境に囚われることもなくなるので、機材に関するのストレスなく、仕事に集中できると思います。

 

プライベートでは例えば家族でゲームをやりたい人とVODで動画視聴したい人がいた場合に、テレビやディスプレイの取り合いになっちゃいますよね。

用途、人数別に完備あれば全然問題ないのですが、多くの家庭ではそんなことはないと思います。

時間で区切る方法もありますが、可能であればなるべくお互いの趣味や遠慮することなくやりたいですよね。

こう言った場合でも、モバイルディスプレイは活躍できると思います。

テレビよりも全然安く購入できるし、スピーカーを搭載しているモデルもあるので、必要な機器を接続すればゲームや動画視聴も問題なくこなせます。

 

ディスプレイのタイプ(据え置き型 or モバイル型)で悩んでいる方にもおススメできます。

据え置き型のディスプレイだと設置する場所を確保する必要があるので、机の上などを圧迫してしまいますが、モバイルディスプレイだと片付けてしまえばよいので圧迫もありません。

ディスプレイが欲しいんだけど、据え置き型はちょっとな...と思っている方はぜひ検討してみてください。

 

モバイルディスプレイのメリットとデメリット

〇 メリット
・ 持ち運びができる
・ 保管に場所を取らない
・ 場所を選ばず使える
× デメリット
・ 外で使う場合、外出時の持ち物が増える、重くなる
・ インターフェースが少ない
・ ケーブルの取り回しが大変

 

モバイルディスプレイのメリットは、まず何といっても持ち運びができることですね。

軽いものだと13インチくらいのモデルで、500gくらいのモデルがあります。そこまで重くないですね。

保管に場所を取らないことや場所を選ばずに使えることもメリットだと思います。

 

逆にデメリットとしては、持ち物が増えてしまったり、使うたびにディスプレイはもちろん、ケーブルを出したりしまったりする必要があります。

また、据え置き型のディスプレイと比べると映像出力できるポートの種類や数が少ないと思います。ただ、一般的に必要とされるHDMIなどのポートはサポートされている場合が多いです。

 

購入にあたって押さえておきたいこと

購入時に確認しておきたいポイントを紹介します。

画面サイズ

ここは持ち運びを重視して選ぶポイントだと思います。

13.3インチ、15.6インチのモバイルディスプレイの商品が多いです。17インチもありますが、そこまで多くありません。

持ち運びメインだとカバンに入れることを考えて13インチくらいのものをおススメします。

家の中での使用がメインなら15インチ以降でもよいと思います。

画面が小さいほうが価格は安い傾向にあります。

 

画面解像度

基本的に以下のどちらかを選択すると思います。

  • FullHD(1920 × 1010)
  • 4K(3840 × 2160)

 

仕事で使う場合、ExcelやPowerpointなどのOffice使用がメインであればFullHDのものでいいと思います。画像や動画を扱うなら4Kがいいと思います。

4Kが必要になるのは主にプライベートかなと思います。 お手持ちの機器が対応している解像度に合わせて選びましょう。

また、4Kに対応している機器が無くても今後を考えて4Kにしておくものアリですね。

 

HDRに対応しているか

最近販売されているものはほとんどHDR対応ですが、購入前には確認しましょう。

 

タッチパネル搭載式か

商品数は多くありませんが、中にはタッチパネルを搭載している製品もあります。

必要であればチェックしましょう。なお、搭載している製品だと、価格は高くなる傾向にあります。

また、製品重量も重くなる傾向があります。

 

接続機器との確認

自分がディスプレイ出力したい機器とディスプレイが接続可能か?手持ちのケーブルで接続可能か?

変換ケーブルは売っていますが、なるべくお金をかけたくないですよね。

ディスプレイの付属品としてケーブル添付されている場合もあるので、併せてチェックしましょう。

 

USB Type-Cに対応しているか?

ディスプレイのインターフェースで、USB TypeCをサポートしているものを購入するのをおススメします。

モバイルディスプレイに限らず据え置き型の場合も同様です。

接続機器とディスプレイの両方がUSB TypeCに対応していれば、USB TypeCケーブル1本で映像、音声、電源供給ができます。

私の会社ではUSB TypeCポートがあるディスプレイは少ないので、ノートPC側の電源を持ち歩くようにしています。

仕事で使うにあたってはディスプレイ側の電源は持ち歩いていません。ノートPCから供給しています。

(上の画像の下側の図で、ノートPCの電源は絶対に必要ではありませんが、PC側のバッテリ消耗が早くなるので、PCは電源接続しておいたほうが無難です。)

 

スピーカーが搭載されているか

ゲームや動画視聴など、主にプライベートで使用する場合は、スピーカーが搭載されているモデルを選択したほうが良いと思います。

 

VESA規格に対応しているか

ディスプレイを壁掛け用の金具やモニタアーム、スタンドに取り付ける際のネジ穴の間隔の規格です。

モバイルディスプレイでも壁掛けに対応しているものがあります。

置いて使わずに壁掛け等で使用することで、省スペースになるので必要な方はチェックしておきましょう。

 

ゲームに向いているか

FPSや格闘ゲームなどを一瞬の判断で勝敗を分けるようなゲームを本気で取り組んでいる方にはおススメできません。ゲーミングモニタと比べると応答速度は遅いです。

 

ただ、普通にプレイするようであれば問題ないと思います。

私が購入したモバイルディスプレイは応答速度5msですが、Nintendo Switchの『モンスターハンター ダブルクロス』や『スプラトゥーン2』をプレイしていも遅延が気になるようなことはありません。普通にプレイできます。

 

一度店頭で確認するのがおススメ

購入したいディスプレイの大きさが決まらない、又は決まったけどイメージが湧かない、といった場合はお近くの家電量販店で確認してみるとよいと思います。ただ、Amazonや楽天で探した製品は店頭には無いことも多くあります。そういう場合には自分の中で候補としている製品に似たもので代用するといいと思います。

画面サイズに関しては、販売されているノートPCと大きく変わらないと思うので、そちらで確認してみるのもいいですね。

 

私が購入したモバイルディスプレイ

色々調べた結果、2019年に仕事用、趣味用兼用で13.3インチモバイルディスプレイ『EVICIV EVC-1301』を妻の分と合わせて2台購入して使用しました。

使い続けて1年くらいになりますが、特に動作不良等無く動作していて、持ち運びにも適しているので大変満足度の高い製品です。

Amazonで購入しました。

 

私の家ではモバイルディスプレイに接続する手持ちの機器は全部FullHD対応でOKだったので、FullHDモデルを購入することにしました。

  • ノートPC(会社用/自宅用)
  • Nintendo Switch
  • PlayStation4(否Pro)
  • Fire TV Stick(4K非対応)

4Kは必要になった時に購入を検討することにしました。

 

『EVICIV EVC-1301』は画面サイズ13.3インチ、画面解像度がFullHDでHDR対応、スピーカー搭載でUSB TypeC接続が可能です。

製品寸法が幅30.4cm × 高さ19.8cm × 厚さ1.1cmで大体A4の用紙と同じくらいです。

この製品は保護カバー、USB TypeCケーブル、HDMIケーブルが付属しています。保護ケースやケーブルを購入する必要がなかったため大変助かりました。

 

EVICIVのモバイルモニタ EVC-1301は下記の記事で紹介しています。

 

まとめ

モバイルディスプレイのメリット。デメリットの他、購入時に確認、気を付けておいたほうが良いポイントをまとめました。仕事用、プライベート用どちらでもこなせるので、持っておいて損はないと思います。

購入を検討している方の一助になれば幸いです。

 

 

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろという名で
ブログで情報発信しています。

簡単に自己紹介するとこんな感じです。

  • 1986年北海道生まれ。
  • 大学卒業までネット通販とは無縁で過ごす。
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む。
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる。
  • 車も無く買い物行くのはめっちゃ面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動。
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る。
  • 最近はネットサービスにも興味津々。

このブログは、

  • (メイン)実際に買ってみた商品や、試してみたネットサービスのレビュー
  • (サブ)これいいな!と思った商品やネットサービスの紹介

の2点をメインに情報発信していて、ネット通販のデメリットである

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消するお助けになればと思って立ち上げたブログです。

購入を検討していたり、購読してみよっかな?だけど失敗したくないから、色々調べるための情報が欲しい!と思っている人の助けになれば幸いです。

 

最新記事

-Others
-, ,

© 2021 ももたろの通販ライフ Powered by AFFINGER5