ガジェット 体験の記録

イヤホンで耳がかゆくなる人は必見!対策はこのイヤーピースで!

 

ももたろ
こんにちは。ももたろです。
@Momotaro_1986

この記事はイヤホンすると耳がかゆくなる!どうしたらいいんだ!っていうイヤーピースアレルギー、というかゴムアレルギーが急に発症した僕が、敏感肌な人向けのイヤーピース『AZLA SednaEarfit XELASTEC』に交換することで解決した話です。レビューとしてまとめているので、同様のお悩みを持ってる人はぜひ試してみてください!

本記事はこういった人の参考になると思います

  • イヤホンすると耳がかゆくなる
  • かゆくならないイヤーピースを探している
  • Anker Soundcore Liberty Air 2 Proのイヤーピースを変えたくても、ケースに入らないかも、と不安な人

イヤホンしてると耳がかゆくなる!

こんなお悩みを解決します。

僕はこれまでイヤホンしてて
耳がかゆくなるってことはなかったんですが、
今回初めてこの症状に見舞われました。

「なんでイヤホンでかゆくなるの?」

正直ビビりました。
急にゴムアレルギーが発症したようです。
ちなみに、耳がかゆくなったイヤホンはこちら。

Ankerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』

付属のイヤーピースでかゆくなりました。

イヤホン自体は、音声読書や学習ならこのイヤホンがおすすめ!Soundcore Liberty AIR 2 Proの記事でまとめてるように、コスパ良くて性能もいい素晴らしいヤツなんですが、付属のイヤーピースが僕には合わなかったみたいです。

左右独立型ってホントに便利!

かゆみの程度は炎症を起こして
カサブタができるレベル。ヤバいですよね。
治るまで一週間くらいかかりました。

たまたま調子が悪かったのかと、
治った後、もう一度試しにつけてみましたが、
やっぱりかゆくなる。

試しに他のイヤホンに付属してた
イヤーピースに変えても同じくかゆい。

完全に耳の中がゴムアレルギーに
なっちゃったみたいです。

このイヤホンは完全ワイヤレスイヤホンで、
家で寝転がりながら音声読書したり、
音声学習したりするのに使ってます。

あくまで家用なのでイヤーピースに
こだわってませんでした。
これが裏目に出ちゃいました。

ちなみに外に持ち出すイヤホンには
有名なコンプライのイヤーピースをつけてます。
言わずと知れたアイテムです。

このイヤーピースは耳の形にフィットするし、
密閉感抜群で気に入ってます。

このイヤーピースだと今までに
かゆくなったりしてないんです。
ゴムアレルギー発症後つけてみても
かゆくならない。スポンジだからでしょうね。

なので、これに付け替えてみようとしたら
重大な問題が発生。

イヤーピースがデカくて
ケースに入らない!

完全ワイヤレスイヤホンにとっては
死活問題です。

  • 充電できない
  • ペアリングできない
  • 無くすリスク

などなど。

これの回避方法はただ一つ、

イヤーピースを外して収納する

いや、でもさ…

ケース入れるのにわざわざ
イヤーピース外すの?
あり得ん…。しかも毎回。

そんなワケでケースに入りつつ
装着しても耳がかゆくならない
イヤーピースを探しました。

で、見つけたのがこれ。
AZLA SednaEarfit  XELASTEC

結果的にこのイヤーピースだと
装着時のかゆみはありませんでした。

ももたろ
以後Sound Liberty Air 2 Proにはこれを使ってます。

もちろんイヤーピースつけた状態で
ケースに入りますよ。

もしイヤーピースが原因で
かゆみが出てるなら試してみてください!

以後、本記事では以下について解説します。

  • 耳がかゆくてただれてしまった人におすすめの薬
  • AZLA SednaEarfit XELASTECとは
  • AZLA SednaEarfit XELASTECを画像メインで解説
  • サイズと種類のラインナップ
  • どこで買うのがおすすめ?

耳がかゆくてただれてしまった人におすすめの薬

AZLA SednaEarfit XELASTECを試す前に
まずは耳を治すべきですよね!

かゆいとついつい触っちゃいますが、
これはNG行為。
かゆみ止め、炎症止めで治すのが一番です。

ということで、僕が使用したのがこちら。

けっこうスースーします。

「炎症が激しかったり、傷がついているとピリピリしますよ」と薬局の方に言われました。僕はちょっとピリピリしました。

持続は3,4時間ってところでした。
痒かったら再度塗るって感じですね。

これを使って1週間ほどで治りました。

AZLA SednaEarfit XELASTECを画像メインで解説

ここからはイヤーピースについて解説します。

『AZLA SednaEarfit XELASTEC』

なんて読むかというと、

  • AZLA(アズラ)
  • SednaEarfit(セドナイヤーフィット)
  • XELASTEC(セラステック)

です。

ももたろ
「長っ!」、「ぱっと見読めん!」がファーストインプレッションでした 笑

なんで耳がかゆくならないのか?→素材が優秀!

このイヤーピースには
TPEという素材が使われてます。

よくあるアルファベット3文字です。
世の中にいっぱいありすぎて
よくわかんないですよね。

正式名称は

  • T(サーマル)
  • P(プラスティック)
  • E(エラストマー)

です。

TPEは医療用グレードの素材です。

医療用には肌に低刺激な素材が用いられていて、
アレルギー体質の人に症状が出にくいんです。

なので、敏感肌やアレルギー体質な人には
うってつけの素材です。
この素材のおかげでかゆみが出ません。

耳の形にフィットする素材『TPE』

TPEは熱可塑性(ねつかそせい)っていう
特性を持っています。

またまたなんじゃそりゃ?ですよね。

簡単に言うと、
温度によって形状変化する特性で
体温で耳の穴の形に形状変化して
フィットするんですよ。

ももたろ
なので、フィット感が抜群で遮音性も上々です。

AZLA SednaEarfit XELASTECを画像メインで解説

『Sedna Earfit XELASTEC』を
画像メインで解説していきます。

ラインナップは後述しますが、
僕はMS / M / MLが各1ペアずつ
入っているものを選びました。

色はクリアで大体のイヤホンに合う

黒っぽいクリアー色なので、
割とどんなイヤホンにも合うと思います。

『SoundCore Liberty Air 2 Pro』に
装着するとこんな感じです。

サイズによってはケース収納できる

『SoundCore Liberty Air 2 Pro』の場合、

MSサイズなら収納出来ました。

ちょっとだけ蓋が空いてるけど収納できます。
無理やり閉めたりはしてません。

Mサイズ以上だと、蓋がイヤホン本体に干渉して閉めれないので注意です!

思ったよりも小さいサイズでフィットしました。
コンプライのイヤーピースはMサイズの僕が、
『AZLA SednaEarfit XELASTEC』 だと
MSサイズで大丈夫でした。

AZLA SednaEarfit XELASTECのラインナップ

このイヤーピース、サイズ展開が豊富です。
以下にラインナップをまとめました。

僕が買った一般的なイヤホン用と
AirPods用のイヤーピースがあります。

サイズラインナップはこちらです。

サイズラインナップ
SS, S, MSサイズ各1ペア
M, ML, Lサイズ各1ペア
MS, M, MLサイズ各1ペア
SSサイズ各2ペア
Sサイズ2ペア
MSサイズ各2ペア
Mサイズ各2ペア
MLサイズ各2ペア
Lサイズ各2ペア
ももたろ
AirPods Pro用は一般用より少し高いですね。

↓ノーマル版

↓AirPods Pro版

楽天だと送料がかかっちゃう価格帯なので
Amazonで購入するのがいいと思います。
商品自体も楽天で買うより安いですよ。

もしイヤホンごと変えたいと思ったら...

もうイヤホンごと変えたい!
怖いからカナル型辞めたい!

って思ったら僕が使った感じ
骨伝導イヤホンがおすすめします。

耳の穴に入れないタイプなのに
音漏れせずにしっかり聴こえる。
なかなか素晴らしいアイテムだと思います。

詳しくは下の記事にまとめてるので、
変えたいけどアテがなかったら
読んでみてください。

まとめ

イヤホンしたいけど、
耳がかゆくなる!

そんなお悩みをお持ちの人に使ってほしい

『AZLA SednaEarfit XELASTEC』

をご紹介しました。

かゆみがあるまま、我慢して使い続けると
取り返しのつかないことにもなりかねません。

自分の耳を大事にしつつ、
お気に入りのイヤホンを長く使っていくためにも
早めに対処しましょうね。

本記事はこれで以上となります。

 

にほんブログ村ランキング参加してます
ボタン押すだけなので宜しくお願いします!

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

関連記事

AirPods Proで耳がかゆくなる場合はコレ!
iPhoneおすすめ充電器、AirPodsにも!
iPhoneおすすめ充電器3選!

タグ一覧

プロフィール

プロフィール

ももたろ

はじめまして。ももたろと申します。
簡単に自己紹介させていただくと、

  • 1986年北海道札幌市生まれ
  • 大学卒業まで通販とは無縁の生活
  • 就職を機に本州へ単身乗り込む
  • 都会と思いきや、イメージとは全然真逆の車無しじゃ生きていけないスーパーど田舎の社員寮に住むことになる
  • 車も無く買い物行くのは面倒だったので、嫌煙してたネット通販を使ってみたところ、あまりの便利さに感動
  • 以後、通販沼にハマり、散財を繰り返しつつ今に至る

こんな感じです。

このブログは、
ネット通販やネットサービスを通して

Quality of Life
(=QOL)を高める!

というのをテーマに情報発信しています。

ただ、ネット利用する上で同時発生するデメリット

実際のモノを手にとって
見れない
もどかしさ

これを少しでも解消したい!
これも合わせて情報発信しています。

なので、実際に買ったものや
使ったもののレビュー記事が多めです。

買おうか、はたまた試してみようか、
その前の判断材料になれるよう
情報を更新していきます!

簡易的なプロフィールですが
読んでいただき、ありがとうございました。

 

-ガジェット, 体験の記録
-